【FX相場分析&予想】10月20~21日でおすすめな通貨ペアとエントリー・決済ポイントを解説!

異国の通貨強弱システム-TradingView

今日も20日~21日までのFX相場の分析予想をしていきます。

【異国の通貨強弱システムTV】を使って勝ちやすい通貨ペアを選定し、最高のエントリーポイントや決済ポイントも解説していくので是非最後までご覧ください!

トレーディングビュー版【異国の通貨強弱システムTV】

MT4版【異国の通貨強弱システム】

現状の通貨強弱関係

最初にトレーディングビューの【異国の通貨強弱システムTV】を使って4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。通貨強弱関係を見ると各通貨の強弱の上昇中・下降中が矢印で表示されるので、この矢印と位置関係を組み合わせて勝ちやすい通貨ペアを選定していきます。

強弱が上昇中(強くなってきている)…↑矢印
強弱が下降中(弱くなってきている)…↓矢印

現在4時間足の通貨強弱関係はこのようになっています。

FX-手法

強弱が上昇中している通貨と下降中している組み合わせの通貨のペアは強弱関係が明確なので強いトレンドが発生しています。上昇中と下降中の通貨ペアは勝率が高いトレードができるようになるので、まずこの通貨ペアを探す作業をしていきます。

手法-FX-相場予想

まず、先ほどの通過強弱一覧から強弱上昇中と下降中の通貨に分けていきます。

そうすると、以下の様になります。

●強弱上昇中の通貨↑ USD
●強弱下降中の通貨↓ CHF・GBP・XAU

FX-手法

●強弱が上昇中と下降中の通貨を組み合わせて出来た通貨ペア

そして、強弱上昇中と下降中の通貨から以下の3つの通貨ペアができました。

  • 【USD↑CHF↓】強弱上昇中のUSD↑と下降中のCHF↓
  • 【GBP↓USD↑】強弱上昇中のUSD↑と下降中のGBP↓
  • 【XAU↓USD↑】強弱上昇中のUSD↑と下降中のXAU↓

FX-手法

では、これらの勝ちやすい通貨ペアのチャートを見ながら分析をしていきます!

【USD↑CHF↓】強弱上昇中のUSD↑と下降中のCHF↓

4時間足のUSD↑CHF↓を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

USDCHF

現在4時間足のUSDCHFは丁度レジスタンスエリアに入っており、レジスタンスエリアを上にブレイクするかしないかが重要なポイントとなります。このレジスタンスエリアを価格が上にブレイクすれば、このエリアはサポートエリアとして機能するのでエントリーする際に非常に参考になります。

さらに1時間足に切り替えトレンドライン(白線)などを引き、絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

絶好のエントリーポイントや決済ポイント

【異国の通貨強弱システムTV】を持っていない方

【異国の通貨強弱システムTV】をまだご購入していない方は以下のエントリーポイントと決済ポイントを参考にすると根拠のあるトレードで勝率の高いトレードができます。

FX-手法

エントリーポイント①

レジスタンスエリアを完全に上にブレイクしてから、その後のロールリバーサルを狙います。エントリーポイント①ではロールリバーサル+トレンドライン②の買いの勢力+サポートエリアの複数の根拠が重なっているエリアなので買いのエントリータイミングとしては最高の場所になります。

エントリーポイント①の決済ポイント

エントリー①でポジションを持った場合にはトレンドライン①を参考にして決済します。

【異国の通貨強弱システムTV】をご購入済みの方

FX-手法

【異国の通貨強弱システムTVをご購入された方はサポートエリアより上のエリアで買いのエントリー・決済サインでトレードすると簡単に勝率が高いトレードができるようになりますのでチェックしてみて下さい!

【GBP↓USD↑】下降中のGBP↓と上昇中のUSD↑

4時間足のGBP↓USD↑を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

FX-手法

現在4時間足のGBPUSDはサポートエリアとレジスタンスエリアに挟まれている状況ですのでこの中では売り目線、そしてサポートエリアから下のエリアで売りエントリーポイントを絞ると勝率の高い良いトレードができます。

さらに細かく分析していくために1時間足に切り替えトレンドライン(白線)など引き、絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

【異国の通貨強弱システムTV】を持っていない方

【異国の通貨強弱システムTV】を持っていないは以下のエントリーポイントと決済ポイントを参考にすると根拠のあるトレードで勝率の高いトレードができます。

FX-手法

エントリーポイント①

トレンドライン①付近で売りのエントリーポイントを狙います。さらにトレンドライン①の上にレジスタンスエリアがあるので、レジスタンスエリアにタッチした時に上ヒゲや売りのチャートパターンが出現すればトレンドライン①の売りの勢力+レジスタンスエリアの複数の根拠が重なっているエリアなので売りのエントリーでさらに勝率が高くなります。

エントリーポイント①の決済ポイント

エントリー①でポジションを持った場合にはサポートエリアを参考にして決済します。

【異国の通貨強弱システムTV】をご購入済みの方

【異国の通貨強弱システムTVをご購入された方はレジスタンスエリアとサポートエリアの間、もしくはサポートエリア下で売りのエントリー・決済サインでトレードすると簡単に勝率が高いトレードができるようになりますのでチェックしてみて下さい!

FX-手法

【XAU↓USD↑】上昇中のUSD↑と下降中のXAU↓

4時間足のXAU↓USD↑を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

FX

現在XAUUSDはサポートエリアとレジスタンスエリア内にいる状態ですので、この中もしくはサポートエリアから下のエリアで売りエントリーポイントを絞ると勝率の高い良いトレードができます。

さらに細かく分析していくために1時間足に切り替えトレンドライン(白線)など引き、絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

【異国の通貨強弱システムTV】を持っていない方

【異国の通貨強弱システムTV】を持っていないは以下のエントリーポイントと決済ポイントを参考にすると根拠のあるトレードで勝率の高いトレードができます。

FX

エントリーポイント①

トレンドラインで売りのエントリーポイントを狙います。エントリーポイント①はレジスタンスエリアがが重なっているエリアなので非常におすすめの売りのエントリーポイントです。

エントリーポイント①の決済ポイント

エントリー①でポジションを持った場合にはサポートエリアを参考にして決済します。

【異国の通貨強弱システムTV】をご購入済みの方

【異国の通貨強弱システムTVをご購入された方はレジスタンスエリアとサポートエリアの間、もしくはサポートエリア下で売りのエントリー・決済サインでトレードすると簡単に勝率が高いトレードができるようになりますのでチェックしてみて下さい!

FX

まとめ

以上が勝ちやすい通貨ペアの選定と絶好のエントリーポイント・決済ポイントの解説になります。

いつも使っている【異国の通貨強弱システムTV】は最強のインジケーターシステムで評価も非常に高く、さらに細かな使い方や分析方法など詳しい解説書もついています!

トレーディングビュー版とMT4版の2つのバージョンがありますのでぜひお好きな方をチェックしていただければと思います!

トレーディングビュー版【異国の通貨強弱システムTV】

MT4版【異国の通貨強弱システム】

 

 

最高峰のインジケーター!【異国の通貨強弱システム】

こちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。