]【異国のドラゴンサインキャンペーン】今なら異国の戦士の自作インジケーターを無料プレゼント

【初心者向け】「FXとは何か?」をわかりやすく解説!

FXとはなにか?

FXを始めてみたい人に「そもそもFXとは何か?」ということを異国の戦士がわかりやすく解説していきます。

FXの仕組みを理解することはまず一番最初のステップです。しっかりとFXの仕組みを理解してからトレードや取引手法の考案など次のステップに進むことが難しいので、時間がかかっても最初のステップをしっかりと理解していきましょう。

そもそもFXとは何か?

FXは「Foreign Exchange(外国為替)」の略で、日本では外国為替証拠金取引とも呼ばれています。

海外に旅行に行かれたことのある方は空港の外貨両替所で「日本円からドル」、「日本円からポンド」に両替をしたことがあると思いますが、これも大きく言うと外国為替市場に参加しトレードを行ったとも言えます。

わかりやすく例を上げて説明します。もしあなたがアメリカへ旅行を行く時に「円」を「ドル」に両替するとします。空港の外貨両替のレートでは1ドル100円と表示されており、持っていた100,000円をドルに両替しました。すると、1000ドルが手に入ります。(分かりやすいように手数料などは考えていません)

しかしその後、アメリカで全ての旅費をクレジットカードを使って払っていたので、現金を使う機会がなく帰国日には現金1000ドルがそのまま残っていたので、帰りの空港で使わなかった1000ドル分を日本円に両替しようと「ドル/円」レートを見ると、1ドル110円と表示されており、日本円に両替すると「110,000円」となり1万円が利益として帰ってきました!

※1ドル110円なので、もっていた1000ドルを日本円に変換すると1000(ドル)×110(円)=110,000円

もし、この時に「ドル/円」のレートが1ドル120円となっていれば1000ドルを日本円に両替すると「120,000円」となって帰ってきます!

この様にレートが変動する2つの通貨の交換することによって、利益を得るという事がFXの基本となります!

FXは常に為替レートが変動しているので、それを活用して利益を取るという取引だということが分かってもらえればOKです。

為替レートはどの様にして決まるのか?

為替レートは常に変動をしているのですが、どのようにして為替レートは決まるのでしょうか?

通貨ペア「ドル/円」を例にすると、アメリカと日本の経済状況等、様々な影響で「ドルを買いた人」もしくは「円を売りたい人」が多ければ、「ドル」が高くなります。

なぜかというと「ドル/円」の価値を相対的に考えた時にドルを買いたいという人が多ければ、円よりドルの価値があがりまよね。また、円を売りたいという人が多ければ、円の価値が下がるので、相対的にドルの価値があがるのです。

逆に円を買いたい人、もしくはドルを売りたい人が多ければ相対的に「円」が高くなります。

異国のベスト平均足

FX取引のメインは為替差益

FXトレードのメインは通貨を「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」ことで利益を得ることが出来ます。

「安く買って高く売る」

「ドル円」の通貨ペアで1ドル100円の時に買いその後、1ドル102円になった時に売ると1ドルあたり2円の差益を得られることが出来ます。

基本的にFXトレードでは、最低10,000通貨単位でトレードをするので(最低1000通貨単位で取引できる証券会社もあります。)10,000通貨単位で取引をした場合は…

2円(1ドルあたりの差益)×10,000ドル=20,000円の利益となります!

FXとはなにか?

「高く売って安く買う」

また、「ドル円」の通貨ペアで1ドル100円の時に売りその後、1ドル98円で買うと1ドルあたり2円の差益を得られることが出来ます。

10,000通貨単位でトレードをした場合には…

2円(1ドルあたりの差益)×10,000ドル=20,000円の利益となります。

FXとはなにか?

「売った後に買う」という事が最初はあまり理解が出来ないかもしれませんが、実際のFX取引では非常に簡単に売り注文を出すことが出来ます。

実践的な取引の仕方

以下の画面はMT4という取引プラットフォームでの注文画面です。

●買いの注文を出す!

以下の画像は「ドル円」のチャート画面ですが、実際のFXの取引では、今後の値動きが上に行く(「ドル円」の価値が高くなる)と予想した時には、買い注文(BUY)をして、買ったときより「ドル円」が値上がりした時に決済をすると利益が出ます。

※買いの注文を決済をする=「売る」ということになります。

FXとはなにか?

●売りの注文を出す!

今後の値動きが下に行く(「ドル円」の価値が下がる)と予想した時には、売り注文(SELL)をして、売ったときより「ドル円」が値下がりした時に決済をすると利益が出ます。

※売り注文を決済をする=「買い」ということになります。

FXとはなにか?

凄く簡単に言うとチャートを見た時に上昇すると予想したら「買い注文(BUY)」下落すると予想したら「売り注文(SELL)」を出して、その後、予想した方向へ価格が進んでいくと利益が得られるという仕組みです。

買いや売り注文はクリックするだけで出来てしまう証券会社が多いので、簡単に注文を出すことが出来ますが、その反面、仕組みをしっかと理解してから取引をする必要があります。

最初はデモ口座を開いて、注文を出すことから決済までの流れを練習するのがおすすめです。

スワップポイントで利益を出す事も!

FX取引では、「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」ことで利益を得るのがメインですが、それだけではなく「スワップポイント」という形で利益を得ることもできます。

スワップポイントは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差のことをいいます。

一般的に金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合、その金利差分をスワップポイントとして原則毎日受け取ることができます。

例えば「豪ドル/円」では、オーストラリアの金利が2.25%、日本の金利が0.1%だった場合には、その差額の2.15%が原則毎日受け取れますが、高金利側の通貨(豪ドル/円)で買い注文をした時の場合で、売り注文をした場合には逆にスワップポイントの支払いが生じますので、ご注意ください。また、スワップポイントは証券会社会社やその時の情勢によっても変動します。

FXトレードでは取引を繰り返して利益を出すということがメインですので、スワップポイントを目的としてFXをする方は少数派です。

異国のベスト平均足

まとめ

基本的にFXをやるのであれば、「安く買って高く売る」もしくは「高く売って安く買う」ということを繰り返しながら利益を得ることがメインとなってくると思いますので、これからFXをしたいという方は価格が今後どの様にして推移していくのか予想することが中心となってきます。

FX取引ではインジケーターと呼ばれるツールを使い、取引手法を考案してトレードを行するという流れになりますので、インジケーターについての知識をつけてトレードにチャレンジをして下さい!