【FX相場予想】今日18日から19日までの「最高のエントリー・決済ポイント」を異国の戦士が解説!

今日18日から19日までの「最高のエントリー・決済ポイント」

今日18日~19日までのFX相場で【異国の通貨強弱システムTV】を使って勝ちやすい通貨ペアを選定し、最高のエントリーポイントや決済ポイントも解説しながら相場予想をしていきます。

トレーディングビュー版【異国の通貨強弱システムTV】

MT4版【異国の通貨強弱システム】

現状の通貨強弱関係

まず最初にトレーディングビューを使って【異国の通貨強弱システムTV】4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。通貨強弱関係を見ると各通貨の強弱の上昇中・下降中が矢印で表示されるので、この矢印と位置関係を組み合わせて勝ちやすい通貨ペアを選定していきます。

強弱が上昇中(強くなってきている)…↑矢印
強弱が下降中(弱くなってきている)…↓矢印

tradingvew

4時間足の通貨強弱関係は上記の様になっておりますので、この中で強弱が上昇中と下降中の通貨に分けていきます。

手法-FX-相場予想

強弱が上昇中している通貨と下降中している通貨のペアは強弱関係が明確なので強いトレンドが発生しており、勝率が高いトレードができるようになります。

手法-FX-相場予想

●強弱が上昇中と下降中の通貨を組み合わせて出来た通貨ペア

手法-FX-相場予想

通貨ペア数が少し多いので、今回はこの通貨ペアの中から通貨強弱の位置関係の情報も加えて、さらに勝率が高い以下の③つの通貨ペアに絞り込みました。

  • 【EUR↑JPY↓】最強のEURと最弱のJPYの組み合わせ
  • 【NZD↑JPY↓】3番目に強いNZDと最弱のJPYの組み合わせ
  • 【CHF↑JPY↓】4番目に強いNZDと最弱のJPYの組み合わせ

手法-FX-相場予想

では、これら3つの勝ちやすい通貨ペアでチャート分析をしていきます!

【EUR↑JPY↓】最強のEURと最弱のJPYの組み合わせ

最強のEURと最弱のJPYを組み合わせた4時間足のEUR↑JPY↓を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

FX-相場予想

現在4時間足のEURJPYでは、直近の高値エリアを上にブレイクしサポートエリアとして機能しています。このサポートエリアより上で買いエントリーポイントを絞ると勝率の高い良いトレードができます。

さらに細かく分析していくために15分足に切り替えトレンドライン(白線)などを引いて絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

絶好のエントリーポイントや決済ポイント

手法-FX-相場予想

エントリーポイント①

価格をトレンドライン②付近まで引き付けて買いのエントリーが出来そうであればこの場所でエントリーします。このトレンドライン②の付近で大きな下ひげや、ダブルトップや逆三尊などの反発する買いのチャートパターンが出現すれば更に買いやすくなります。

エントリーポイント①の決済ポイント

エントリー①でポジションを持った場合にはトレンドライン①付近で決済します。

おすすめ!エントリーポイント②

価格をトレンドライン③付近まで引き付けて大きな下ひげや、ダブルトップや逆三尊などの反発する買いのチャートパターンが出現すれば買いです。このエリアはトレンドライン③とサポートエリアが重なる場所ですので買いのエントリーの根拠が強くおすすめです。

【NZD↑JPY↓】3番目に強いNZDと最弱のJPYの組み合わせ

3番目に強いNZDと最弱のJPYの組み合わせた4時間足のNZD↑JPY↓を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

手法-FX-相場予想

現在4時間足のNZDJPYでは、サポートエリアとレジスタンスエリアに挟まれている状況です。直近では強く上昇しているのでサポートエリアより上で買いエントリーポイントを絞ると勝率の高い良いトレードができます。

さらに細かく分析していくために15分足に切り替えトレンドライン(白線)などを引いて絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

手法-FX-相場予想

エントリーポイント①

価格をトレンドライン②付近まで引き付けて買いのエントリーが出来そうであればこの場所でエントリーします。このトレンドライン付近で大きな下ひげや、ダブルトップや逆三尊などの反発する買いのチャートパターンが出現すれば更に買いやすくなります。

おすすめ!エントリーポイント②

価格をトレンドライン③付近まで引き付けて買いのエントリーが出来そうであればこの場所でエントリーします。このトレンドライン付近で大きな下ひげや、ダブルトップや逆三尊などの反発する買いのチャートパターンが出現すれば更に買いやすくなります。ここでエントリーできると決済ポイントまで大きな値幅を狙えます。

トレンドライン③とサポートエリアの2つの根拠が重なる場所で多くの買い注文入りやすい場所ですので、根拠が強くおすすめのエントリーポイントになります。

【CHF↑JPY↓】4番目に強いCHFと最弱のJPYの組み合わせ

4番目に強いNZDと最弱のJPYの組み合わせ4時間足のCHF↑JPY↓を見て重要なサポート(青帯)・レジスタンスエリア(赤帯)を見ていきます。

手法-FX-相場予想

現在4時間足のCHFJPYはサポートエリアとレジスタンスエリアに挟まれておりますが、直近では強く上昇しているのでサポートエリアより上で買いエントリーポイントを絞ると勝率の高い良いトレードができます。ただすぐ上にレジスタンスエリアがあることを注意する必要があります。

さらに細かく分析していくために15分足に切り替えトレンドライン(白線)などを引いて絶好のエントリーポイントや決済ポイントを探ります。

手法-FX-相場予想

エントリーポイント①

価格をトレンドライン②付近まで引き付けて買いのエントリーが出来そうであればこの場所でエントリーします。このトレンドライン付近で大きな下ひげや、ダブルトップや逆三尊などの反発する買いのチャートパターンが出現すれば更に買いやすくなります。その後の決済はトレンドライン①付近を目安にすると、現在の上昇トレンドの波にうまく乗れるのでぜひ参考にしてください。

まとめ

以上が勝ちやすい通貨ペアの選定と絶好のエントリーポイント・決済ポイントの解説です!

いつも使っている【異国の通貨強弱システムTV】は最強のインジケーターシステムで評価も非常に高く、さらに細かな使い方や分析方法など詳しい解説書もついています!

トレーディングビュー版とMT4版の2つのバージョンがありますのでぜひお好きな方をチェックしていただければと思います!

トレーディングビュー版【異国の通貨強弱システムTV】

MT4版【異国の通貨強弱システム】

 

 

最高峰のインジケーター!【異国の通貨強弱システム】

こちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。