【FX】ピンバーの勝率の高いエントリーポイント、条件や損切り方法を解説!

ピンバー

今回はローソク足のパターンから「ピンバー」と呼ばれるローソク足を紹介していきます。

 

この「ピンバー」と呼ばれるローソク足は、重要なラインであるレジスタンスやサポートラインなどの

意識されるライン付近で現れた時に重要な意味を持ち、勝率の高い反転のサインとなる事が多いです。

 

まず、どの様なローソク足が「ピンバー」と呼ばれるのか見ていきましょう。

売りピンバーの条件

  • ローソク足の実体が小さい
  • 上ひげが非常に長い(少なくても実体の2倍以上ある)
  • 陽線か陰線かはそこまで重要では無い
  • 上昇トレンドの高値圏

買いピンバーの条件

pinbar

  • ローソク足の実体が小さい
  • 下ひげが非常に長い(少なくても実体の2倍以上ある)
  • 陽線か陰線かはそこまで重要では無い
  • 下落トレンドの底値圏

ピンバーが出現した時にどの様な事が起きているのか?

この「ピンバー」のローソク足が出来た時に、売り手と買い手の間でどの様な事が起きているでしょうか?

 

まず、ピンバーの条件である小さな実体で形成されていることに注目していきます。

 

小さな実体が出現するという事は、売り手と買い手の戦いの結果

売り手と買い手の力が均等になった事を意味しています。

 

だからこそ、ピンバーの実体が陽線か陰線かはあまり重要ではなく、

小さい実体が出現した事が重要です。

 

また、大きなひげが出現したとことも非常に大事なポイントです。

 

例えば売りのピンバーの場合、上ひげが非常に長いローソク足になると思います。

 

これは、買い手の力により価格を一旦上げた後、

売り手の力が強く価格が引き戻されてしまった事がヒゲとなって現れているのです。

買い手の力が弱くなり売り手の力が強くなって来た事を意味します。

ヒゲの長さは売り手、または買い手の力の弱さを表しています。

 

ピンバーを使った手法

実際の相場でこのピンバーを使ってどの様にトレードをすれば良いのかその手法を紹介していきます。

ピンバーが出現したからといって、買いや売りのエントリーをしてはいけません。

 

売りピンバー・買いピンバーの条件で説明した通り

売りピンバーが出現したらその付近にレジスタンスラインがあるかどうか、

買いピンバーが出現したらその付近にサポートラインがあるかどうかを必ず確認して下さい。

 

売りピンバーを使ったエントリーポイントと損切り方法

売りピンバーがレジスタンスライン付近で出現したら、売りのエントリーをするチャンスになることが多いです。

以下のチャートをご覧下さい。

 

ピンバーの手法

上記のチャートの1と2を見ると価格が上昇しようとしてもレジスタンスされ

うまく上昇することが出来ないので、レジスタンスラインとしてラインを引きました。

 

その後、ラインを少し2回ブレイクしましたが、レジスランスラインの力が強く

ダブルトップを形成し上昇トレンドが終わる兆しが見えてきました。

 

(ダブルトップ、ダブルボトムについては以下の記事を参考にして下さい)

 

その後、売りピンバーが出現

 

この売りピンバーの高値はレジスタンスラインまで完全に到達して居ませんが、

レジスタンスライン付近で出現しているので、レジスタンスライン付近での売りの圧力と

売りピンバーの出現の2つの理由によって、売りのエントリーをするのは妥当です。

 

損切り設定

売りの損切りの設定は、売りピンバーの高値の少し上(スプレッドを考慮して)に設定するのが王道です。

 

なぜ、売りピンバーの高値の上に損切り設定をするかと言うと、

まず、売りピンバーの出現によって売りの注文をしたトレーダーは多く居るはずです。

 

しかし、何らかの原因によって、価格が売りピンバーの高値を超えてしまったら

売り注文をしたトレーダー達は、売りのピンバーが「だまし」だったことに気づき、

一斉に売り注文を損切り決済するでしょう。

 

売りの注文の決済は「買い注文」が行われるので、一気に価格が上昇する可能性があります。

 

買いピンバーを使ったエントリーポイントと損切り方法

買いピンバーエントリーポイントは、売りピンバーの逆で

サポートライン付近で買いのピンバーが出現したら買いのエントリーチャンスです。

 

エントリーポイントと損切り設定の例を示したチャートをご覧下さい。

 

ピンバー買いエントリー

何度も価格の下落を支えるサポートライン付近で買いのピンバーが出現しました。

 

非常に長い下ヒゲを付けていますので、買いの勢力が強い事がわかります。

 

この買いピンバーの安値はサポートラインまで、綺麗に下落し、

その後サポートされています。

 

サポートライン付近でこの強い買い勢力を表す買いピンバーが出現したので、

この場面で買いを仕掛けるのは良い戦略だと思います。

 

損切り設定

売りピンバーと同様、エントリーした後には必ず損切りの設定を行なって下さい。

損切りの設定は、買いピンバーの安値の少し下(スプレッドを考慮して)に設定するのが良いです。

 

売りピンバー同様に、価格が買いピンバーの安値を超えてしまったら

買い注文をしたトレーダー達は、買いのピンバーが「だまし」だったことに気づき、

一斉に買いポジションを損切り決済するでしょう。

買いの注文の決済は「売り注文」が行われるので、一気に価格が下落する可能性があります。

 

ピンバーが出現したらその時の相場の状況を読み取り

そのピンバーの出現によってエントリーするのか?それともエントリーは見送るのか?

市場の状況により裁量で判断する能力が求められます。

 

ピンバーが出現したら、

その付近にサポートラインやレジスタンスライン

があるかどうかのチェックは必須ですが、

それ以外のエントリーをする根拠であるチャートパターン(ダブルトップ・ダブルボトムなど)などが形成されているかどうかも確認してください。

 

自分で過去のチャートを見て検証する事が一番の上達方法なので、

必ず検証を十分に行ってピンバーでのエントリーの勝率が上がるように励んでください。

最高峰のインジケーター!【異国の通貨強弱システム】

こちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。