【FX】平均足を徹底的に学びスキャルピング・スイングトレード手法を身に着けよう!

平均足を使ってスキャルピング・スイングトレード手法を解説!

今回は平均足を使ってスキャルピングやスイングトレードをする手法を紹介していきたいと思います。

まず最初に平均足とはどの様なインジケーターなのかご説明させてください。

平均足はローソク足と同じように陽線・陰線が表示され、以下の画像の様にローソク足と似ていますが平均足は直近2本分のローソク足の値動きを平均化して作成されています。

平均足-ローソク足-違い

平均足はローソク足と同じように『始値』『終値』『高値』『安値』で成り立っていますが『始値』『終値』がローソク足と異なります。

平均足とは

  • 平均足の始値…ひとつ前の足の始値と終値の平均。
  • 平均足の終値…現在の足の始値・終値・高値・安値の4つの値の平均。
  • 平均足の高値…現在の足の高値。ローソク足の高値と同じ。
  • 平均足の安値…現在の足の安値。ローソク足の安値と同じ。

 簡単に言うと高値と安値はローソク足と一緒ですが、始値と終値は直近の値動きの平均値になっているということです。

平均足の特徴

例えばローソク足であれば価格が上昇している時も陽線と陰線が入り交じりますが、平均足の場合はローソク足を平均化しているため陽線が連続して続きやすきという特徴があります。

以下の画像を見てください。左が平均足で右がローソク足になりますが、平均足の方が陽線陰線の切り替えが少なく視覚的にも見やすくなっていることが分かると思います。

平均足-ローソク足-違い2

平均足の見方

平均足は陽線陰線が連続して続きやすい特徴がありトレンドを判断する時に役に立ちますが、さらに「ひげ」と「実体」を見ることで更にトレンドの強さを判断することができます。

ひげ

平均足の陽線が続けば直近の値動きの平均値が上がり続けていることを意味し「上昇トレンド」が形成されていることがわかるのですが、この上昇トレンドの中でも下ひげがない場所を「強い上昇」として判断することができます。

平均足-使い方

逆に平均足で陰線が続けば「下降トレンド」と判断することができますが、その状態で更に上ひげがない状態だと「強い下降」と判断できます。

平均足-使い方

実体

以下のチャートの白枠の様に上下に長いひげが出現し平均足の「実体」が小さくなると、陽線または陰線のトレンドの強さが弱まりトレンド変換するサインとして見ることができます。

平均足-使い方3

「陽線陰線」「実体」「ヒゲ」の3つを使って平均足を見ていくと、以下の様にトレンドが強い場所や弱くなって転換しそうな場所などを判断できます。

平均足-使い方

平均足の見方をまとめ

  • 実体…実態が大きければ勢いが強い
  • 下ヒゲ…上昇トレンド時に下ひげが長い場合には強い上昇トレンド
  • 上ヒゲ…下降トレンド時に下ひげが長い場合には強い下降トレンド

異国のマルチタイムフレーム平均足手法

平均足-手法1

では平均足の見方を理解したところで、平均足を使った手法を紹介していきます。

ネット上では平均足を使った手法が様々紹介されていますが、「エントリー足・中期足・長期足」の平均足を見て行う「異国のマルチタイムフレーム平均足手法」を紹介させていただきます。

「異国のマルチタイムフレーム平均足手法」を使えばスキャルピングからスイングトレードまで、平均足を使って簡単にトレードすることができます。

「異国のマルチタイムフレーム平均足手法」は「エントリー足・中期足・長期足」3つの異なる時間足の平均足を組み合わせて使う手法ですが、それぞれの足の意味を解説いたします。

平均足-手法3

  • エントリー足…長期足、中期足のトレンド方向が合致している時に、そのトレンド方向へエントリーするタイミングを判断する時間足
  • 中期足…大きなトレンド方向と同じトレンド方向へ合致しているか判断するために使用する中期的な時間足
  • 長期足…大きなトレンド方向を判断するために使用する長期的な時間足

「異国のマルチタイムフレーム平均足手法」はまず、最初にエントリー足から決めていきます。

スキャルピングをしたい方は1分足~15分足の中でエントリー足を決めます。

スイングトレードをしたい方は30分足~4時間足の中でエントリー足を決め、以下の様に中期足と長期足を決めます。

平均足-手法

スキャルピング:1分足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…1分足
  • 中期足…30分足
  • 長期足…4時間足

スキャルピング:5分足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…5分足
  • 中期足…30分足
  • 長期足…4時間足

スキャルピング:15分足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…15分足
  • 中期足…1時間足
  • 長期足…日足

スイングトレード:30分足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…30分足
  • 中期足…4時間足
  • 長期足…日間足

スイングトレード:1時間足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…1時間足
  • 中期足…日足
  • 長期足…週足

スイングトレード:4時間足をエントリー足にする場合

  • エントリー足…4時間足
  • 中期足…日足
  • 長期足…週足

トレード手法

15分足をエントリー足にする場合を例にして解説していきます。

  • エントリー足…15分足
  • 中期足…1時間足
  • 長期足…日足

トレード手法は以下の2つの条件を満たしたときにエントリーとなります。

平均足手法

  • 条件①:長期足・中期足ともに平均足の陽線または陰線が合致している。
  • 条件②:長期・中期足の合致している方向にエントリー足の平均足が変わったタイミングでエントリーする。長期・中期足が陽線であれば、エントリー足の平均足が陰線の状態から陽線へ切り替わった時。

詳しくこの流れを解説していきます。

まず、長期足で方向性を確認します。長期足の日足を見てみると陽線になっています。

平均足-手法

その後、中期足の平均線を見ていき今の状況が長期足と合致していることを確認します。

中期足の1時間足を見ると中期足も陽線となっているので条件は整っています。

平均足-手法

最後に、エントリー足である15分足の平均足を見てエントリータイミングを見ていきます。

15分足の平均足を見ると、すでに陽線が続いている状態です。

平均足-手法

この状態でエントリーすると「高値で買う、安値で売ってしまう」可能性がありますので、一旦陰線になるのをまってから陽線に切り替わるタイミングでエントリーをします。

平均足-使い方

簡単にまとめると、以下の様になります。

平均足-tradingview

その後、エントリー足の平均足が陰線に切り替わった時に決済をします。

平均足-tradingview

エントリー後に平均足の陽線陰線が続かずにすぐに切り替わってしまう時もありますが、基本的に長期足と中期足の方向感が合致している状態で、合致している方向へエントリーしていくので平均足の陽線陰線が続く可能性は高くなります。

平均足-手法

以上が平均足を使ったトレード手法になります。かなりシンプルですがロジック的にもしっかりとしている手法だと思いますので、検証やトレードアイディアとしてお使いください。

さらに今私、異国の戦士が開発した平均足インジケーターが無料でダウンロード可能ですのでぜひお使いください!

MT4版とトレーディングビュー版の2つ用意しております!

MT4版【異国の平均足】

トレーディングビュー版【異国の平均足TV】

これ以上のEAはどこにもありません!
【異国の戦士】も使用している超おすすめEA!
異国のシリーズEAの集大成のXシリーズ!

商品ページはこちら

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。