6通貨ペアで運用可能な最強の無料EA「異国のシンクタンク」を無料でプレゼント中!詳しくは こちら

【FX】初心者必見!!MACDおすすめの設定値や使い方や見方について学習しよう!!

macd-使い方-設定-ダイバージェンス-手法

FXのインジケーターの中でもっとも有名なインジケーターの一つであるMACD。

MACDは移動平均線を用いて計算されたオシレーター系のインジケーターで、1979年にジェラルド・アペルによって開発されたテクニカル分析です。

MACDと「Moving Average Convergence Divergence」の略で、二つの移動平均(EMA)を使われています。

MACDで使用する移動平均は単純移動平均(SMA)とは違い指数平滑移動平均(EMA)と呼ばれる種類の平均線で、

単純移動平均より反応が敏感なのが特徴です。

MACDでは二つの指標が表示さます。「MACD」と「シグナルライン」です。

MACD

短期のEMAと長期のEMAの差を計算した値が表示されています。(MT4の標準のMACDではヒストグラムで表示されている)

MACDの計算式

短期のEMA-長期のEMA = MACD

シグナルライン

シグナルラインは、短期のEMAと長期のEMAの差を計算したMACDの単純移動平均線になります。

MACDの設定でシグナルを10とすれば、MACDの10期間を平均したラインが表示されます。

MACDのお勧めの設定値

MACDのお勧めの設定値ですが、MACDを開発したジェラルド・アペルによると以下のMACDの設定を推奨しています。

短期EMA 長期EMA シグナル
6 19 9
12 26 9
19 36

値が大きければMACDの感度が鈍くなりますが、その分ダマシが減り、値が小さければMACDの感度は敏感になりますが、その分ダマシのシグナルが多くなる傾向にあります。

FXトレーダーがよく使う設定値はMT4のMACDの初期設定値でもある

「短期EMA:12」、「長期EMA:26」、「シグナル:9」です。

macd-setting-mt4

初めてMACDをお使いになる方でしたら、MACDの初期設定値を使うのがお勧めです。

MACDの使い方や見方

早速ですが、MACDの使い方や手法、見方について解説をしていきたいと思います。

使用するMACDは異国の戦士が開発した「MACDベクトルボリンジャーバンド」です。

macd-vector-band

MACDベクトルボリンジャーバンド – MACDの最終形態!MACDが持つ全ての可能性を最大限に生かす!!MACDの買われ過ぎ売られ過ぎやボリンジャーバンドを使ったスクイーズ、エクスパンションも組み込んだ!

MACDベクトルボリンジャーバンドは標準のMACDを見やすく、そしてMACDの可能性を最大限に引き出したインジケーターになります。

また、今回はMT4標準のMACDと一緒に表示させて解説をしますので、「MACDベクトルボリンジャーバンド」をお持ちでない方もMACDについて学ぶことが出来ます。

MACDがシグナルラインを上抜けた時、MACDがシグナルラインを下抜けた時

MACDの基本的な使い方の一つとして、MACDとシグナルラインのクロスがあります。

MACDがシグナルラインを上抜けた時に買い、下抜けた時に売りのサインとなります。

MACD-シグナル

MACD買い手が優勢か売り手が優勢かを見る

MACDの値が0より上になるのか、下にあるのかで相場の見方が変わります。

MACDが0より上にある場合は買い手が優勢で、下にある場合は売り手が優勢な相場として判断することができます。

MACDベクトルボリンジャーバンド」では水色のラインがMACDで、MT4標準のMACDでは白いヒストグラムがMACDです。

macd-見方

買い手が優勢の時は買いのエントリーだけ、売り手が優勢の時は売りのエントリーだけをするといった様な目線を決める基準として使われることが多いです。

ダイバージェンスを見る

MACDはダイバージェンスの発見にも使えます。

ダイバージェンスって何?という方は、下の記事でダイバージェンスについて詳しく解説していますので、読んでみて下さい。

【FX】天井や底値でエントリーする方法はダイバージェンスが有効!レギュラーとヒドゥンダイバージェンスの違いは?

【FX】天井や底値でエントリーする方法はダイバージェンスが有効!レギュラーとヒドゥンダイバージェンスの違いは?

macd-ダイバージェンス

海外のFXトレード掲示板では、MACDのダイバージェンスを使った話題を良く目にします。

MACDのダイバージェンスは私もお気に入りの見方で、MACDを使う時にはいつも気にしていて、利益確定の目安や天井圏や底値圏でのエントリーポイントの準備のサインとして使用しています。

ikokuno-senshi-fx-mt4-indicator

初心者から上級者へのステップ

もっともっと、MACD応用した使い方や分析をしたいFXトレーダーの方は、「MACDベクトルボリンジャーバンド」をおすすめいたします。

なぜならMT4標準のMACDは以下の問題点があります。

  • MACDがヒストグラムになっていて使いにくい
  • MACDの買われ過ぎ、売られ過ぎのポイントが分からない
  • MACDが上昇しているか下落しているのか見にくい
  • 買いと売りの勢力を判断する基準が値が常に0ライン
  • MACDから見た相場の勢いが分からない(スクイーズやエクスパンション)

MACDを使い始めると、結局MT4標準のMACDでは判断できない部分がたくさんあることに気づきます。

MACDが何かを理解する分には、MT4標準のMACDで事足りるかもしれませんが実際の相場ではMACDが持つ可能性を十分に発揮できません。

MACDベクトルボリンジャーバンドはMACD使いの初心者FXトレーダーから、上級者FXトレーダーなる為の力強いインジケーターです。

MACDの可能性をどの様にして最大限まで引き出したのか、以下の画像またはリンク先からご覧下さい。

macd-vector-band

MACDベクトルボリンジャーバンド