【FX】ダブルトップ/ダブルボトムのだましを回避する方法は?

騙し-ダブルトップ-ダブルボトム-fx-回避方法

動画で解説しております!

このブログでもダブルトップ、ダブルボトムについてのエントリーポイントや損切り方法などの、ダブルトップ、ダブルボトムの基礎的な知識を紹介しました。

ダブルトップ、ダブルボトムについての記事をまだ読まれていな方は以下の記事を最初にお読みください。

 

ダブルトップ、ダブルボトムを形成したことを確認後、ネックラインをブレイクしてエントリーをしてもネックラインをブレイクした後に価格が戻ってきしまったり、うまいタイミングでエントリー出来ないことがあります。

ダブルトップ、ダブルボトムに限らず市場では「だまし」が存在します。

ダブルトップのだまし場合

ダブルトップでの「だまし」について解説いたします。

まずは、以下のチャートをご覧下さい。

チャート

このチャートでは、あまり綺麗な形のダブルトップではありませんが、これもダブルトップです。

ちなみに、何でこれがダブルトップなのか以下の理由が挙げられます。

  • 高値を更新し、その後もう一度高値を更新しようと試みたが高値が更新出来ずに終わった。
  • その後、このダブルトップのネックラインを下回った。

ダブルトップだまし

ダブルトップの条件が揃っているので、教科書通りのセオリーだとネックラインを下回った辺りで売りのエントリーをします。

上記の画像ですと、赤丸で囲った辺りになります。

 

その後、赤丸でエントリーしたポイントからどの様にチャートが形成されていくのか見て見ましょう。

セオリー通りでは、ダブルトップのネックラインを割ればそのまま下落していくはずですが

 

しかし…..

その後のチャートの動きを見てみると

だまし

せっかくダブルトップを発見して、セオリー通り売りでエントリーしたつもりなのに、セオリーに反して上昇してしまいました。

 

これが「だまし」と言われ、必ずしもセオリー通りに上手くいかないのが現状です。

 

ダブルトップのだましを例に説明いたしましたが、ダブルボトムのだましはダブルトップの逆でダブルボトムを形成した後、ネックラインをブレイクしたところで買いのエントリーをしたものの大きな下落が起きてしまい、ダブルボトムが形成されネックラインもブレイクしたのに予想通り上昇せずに下落してしまう現象です。

ダブルボトム だまし

どうやってだましを回避するのか?

どうやってこのダブルトップ、ダブルボトムのだましを回避出来るのか。

残念ながら、だましを完全に回避することは不可能ですが、だましをなるべく回避出来る方法はあります。

 

それは….

勝率の高いダブルトップ、ダブルボトムを見つける事です。

 

勝率の高いダブルトップとはレジスタンスライン付近にダブルトップが形成された時。

 

勝率の高いダブルボトムとはサポートライン付近にダブルボトムが形成された時。

 

この時点で、レジスタンスラインやサポートラインが何かまだ曖昧な人は以下の記事で学習ができるので一読されることをおすすめいたします。

 

勝率の高いダブルトップとダブルボトム

レジスタンスライン付近で形成されたダブルトップ、サポートライン付近でダブルボトム形成されたダブルボトムはだましが少なく勝率が高くなります。

レジスタンス付近でのダブルトップ

以下のチャートをご覧下さい。

ダブルトップだまし

黄色い線がレジスタンスラインになります。

このレジスタンスライン付近を境目に買い勢力と売り勢力の圧力が変わっており、このレジスタンスライン付近は多くのトレーダーに意識されている事がわかると思います。

そして、このレジスタンスライン付近を高値にしたダブルトップが形成されてました。

セオリー通りにこのダブルトップのネックラインを割ったところで売りエントリーし、見事に価格は下落する展開となりました。

このパターンはチャートを検証していくと何度か現れるダブルトップ成功のパターンなので、この記事を読んだ後に一度自分でも検証して見て下さい。

では一体何故、レジスタンライン付近のダブルトップはだましが少なく勝率が高くなるのでしょうか?

それには理由があります。

  • ダブルトップが形成されもう価格が上がらないというマーケットの心理的反応
  • レジスタンスラインの価格の抵抗力

この2つの力が同時に働いているからです。

レジスタンスラインとは関係なく単純にダブルトップ形成された時にマーケットの参加者達は、おそらくまだ半信半疑な状態でしょう。

ダブルトップが形成されて、これを強い根拠にこれから価格が下落するのかどうか、まだ半信半疑なので、売りの新規注文や買いの注文をしてすでにポジションを持っているトレーダーの損切り注文が入りません。

しかし、レジスタンスライン付近でダブルトップが形成されれば、レジスタンスラインでレジスタンスされた事の根拠へと繋がりますし、

その根拠を背景にダブルトップのネックライン割れで、セオリー通りに売りの新規注文や買いポジションの損切り注文するマーケット参加者は多くなるので価格は下がりやすいという事です。

サポートライン付近でのダブルボトム

ダブルボトムは、ダブルトップと逆でサポートライン付近で形成されたダブルボトムを狙います。

fxダブルボトム

サポートライン付近を安値にしたダブルボトムが形成されてました。

このダブルボトムのネックラインをブレイクしたところで買いのエントリーし、見事に価格は上昇する展開となりました。

サポートライン付近のダブルボトムは

  • ダブルボトムが形成されもう価格が下がらないというマーケットの心理的反応
  • サポートラインの価格の抵抗力

の2つの力が同時に働いており、ダブルトップの逆で価格は上がりやすいです。

今回はダブルトップ、ダブルボトムのだましをレジスタンスライン、サポートラインの力を使って回避する方法を説明いたしました。

レジスタンスラインやサポートラインはダブルトップ・ダブルボトムだけではなく、トレードを行う時には本当に重宝するので、検証を重ねて使いこなせるようになってください!

ダブルトップ-ダブルボトム

 

最高峰のインジケーター!【異国の通貨強弱システム】

こちらをクリック

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。