お買い物カゴ
fx-はじめる前の準備

【初心者向け】FXを始める前の準備とは?資金やメンタルについても解説します!

前回の以下の記事では「FXとは何か」について徹底解説致しましたので、この記事では準備について解説していきたいと思います!

 

FX超初心者がFXを始めるにあたっては、いくつかの準備が必要になります。

 

今回は、FXをスタートする際にどのような準備をすればよいか、そしてどのような心構え(メンタル)で臨めばよいかを徹底解説します!

 

FXスタート時の自己資金は5~10万円で十分!

 

FX超初心者は、副収入を得たいためにFXを始めようと考えている人が多いはずです。つまり、本職の仕事で得た収入の一部をFXという投資に回そうとしています。ですので、あまり多くの資金を準備することができないはずです。

 

しかし心配は無用です。結論から言いますが、FXをスタートするにあたっては5~10万円の自己資金があれば十分なのです。

 

【初心者向け】FXを始める前の準備とは?

 

理由は2つあります。

 

まず1つ目は、5万円あればドル円1ロットの取引が可能だからです。(ポンド円なら1ロット取引に約6万円必要になります。)FX初心者は、まず最初に取り組んで頂きたい通貨ペアはドル円です。ドル円は世界的に見ても流通量の多い通貨ペアであり、日本人トレーダーが最も取引している通貨ペアになります。

 

FX初心者は、この最もメジャー通貨ペアであるドル円でトレードしてみて、実際のトレードがどのようなものかを体感して頂きたいのです。また、ドル円は他通貨ペアに比べて値動きが比較的緩やかなため、取引の際に焦ったり慌てたりするケースが少ないのもおすすめの理由の1つです。

 

FX初心者はトレードに慣れない段階で、ポンド円などの値動きの荒い通貨ペアに手を出しても良いことがありません。まずはじっくり、ゆっくりと取引できる環境でFXトレード生活をスタートして頂きたいのです。

 

2つ目の理由が、5~10万円程度の自己資金であれば、大きな損失が出にくいからです。FXトレードでは、もちろん勝つことも重要ですが、それ以上に大切なことは自己資金を守ることです。資金さえ守り続けていれば、FXを続けられるのです。

 

仮に10万円の軍資金だとするとドル円なら2ロット取引ができます。例えば1回あたり10pips獲れれば利益確定して勝ち、10pips逆行してしまったら損切りして負け、とします。この場合、取引数量は2ロットですので、勝っても+2,000円、負けても-2,000円です。(分かりやすくするための便宜上、スプレッドの考慮は入れていません。)

 

勝っても負けても2,000円であれば、それほどメンタルに大きな影響を及ぼさないレベルと言えます。もちろん2,000円負けただけで物凄く落ち込む人もいるかもしれませんが、あくまで一般論としてです。

 

勝った時の金額よりむしろ負けた時の損失額をまず想定しておき、それがメンタルに影響を及ぼさないレベルかどうか、という点が何より重要なのです。

 

【初心者向け】FXを始める前の準備とは?

そう言った意味でも、5~10万円の自己資金スタートならば、取引ロット数が小さくで済むので1回の取引の損失額も少なくなります。

 

慣れてくれば資金を増やしてロット数を増やすことも良いですが、FX初心者で不慣れなうちは、負けても被害が最小限に抑えられるレベル、つまり自己資金5~10万円程度でスタートするのがベストなのです。

 

5~10万円の資金であれば、副業としてFXを考えている人でも用意できる金額のはずです。まずは手堅く、小さな取引からスタートさせることが、長い目で見てFXで成功するための秘訣なのです。

 

FX業者を選ぶ際のポイント

 

FXをスタートさせるためにはFX業者(ブローカー)に口座開設する必要があります。しかしFX超初心者は、どの業者で口座開設するのがよいか分かりません。ここでは、業者選定の際のポイントを5点お伝えします。

 

サポート体制が万全かどうか

 

何を差し置いてもまずはこれです。サポート体制が万全かどうか。FX超初心者にとっては、分からないことが出てきた際にすぐに質問して解決できるかどうかが非常に大切となります。

 

FXの用語や知識的な解説がしっかりホームページに記載されているか、そして疑問点や不明点が出てきた時に、メールや電話ですぐに質問できる環境かどうかがポイントになります。

 

スプレッド

 

前回の記事で紹介した『スプレッド』の狭さも重要ポイントとなります。スプレッドは取引ごとにかかってくる手数料ですので、狭いに越したことはありません。ただし、スプレッドだけで見るのではなく、他のチェックポイントも含めて総合的に考えることが大事です。

 

ボーナス・ポイント付与等の特典

 

取引するごとにポイントが付与される等のボーナス・ポイント特典も、FX超初心者にとっては有りがたい存在です。少しでも有利にお得にトレードできるに越したことはありません。

 

信頼性

 

FX業者の信頼性は口コミ評判等を見ることである程度把握することができます。特に入出金がスムーズにできるかどうかは重要ポイントであり、そのFX業者の信頼性を見極める上でもぜひチェックしておきたいポイントです。

 

利便性

 

これは個人の感じ方次第ですが、ホームページや実際の注文画面やデザイン等、使いやすいかどうか(自分に合っているかどうか)も、業者選定の際のポイントとなります。

 

FX超初心者に必要なメンタル(心構え)

 

自己資金5~10万円と業者選定まで終えれば、いよいよFX取引がスタートするわけですが、トレードを始めるにあたって必要なメンタル(心構え)について解説します。ここを無視していきなりFXトレードを始めても良い結果にはなりません。メンタルを制する者はFXを制すると言っても過言ではないので、勝ち組になるため是非インプットして下さい!

 

 

 ① 負けることを想定してトレードする。

 

『え?FXで勝つことを考えるのではなくて、負けることを考えるの?』と感じた人もいるはずです。しかし、まずFX超初心者がFXトレードをする際には、あらかじめ負けることを想定してトレードして下さい。『勝ったらこれだけ儲かる!』という思考は持ってはいけません。逆なのです。『負けたらこのぐらいの損失になる、この損失であれば許容範囲だからトレードしよう』という考え方が必要なのです。

 

FX超初心者は、どうしても勝った時のイメージに夢膨らませ勝ちになります。しかし、先述したようにFXで最も重要なことは『資金を守ること』なのです。攻撃より守備の意識を強く持たなければなりません。

 

 

負けても被害を最小限で食い止め、正常なメンタルを保ったまま次回のトレードに臨むことが大切なのです。そのためには、負けたらこのぐらいの損失になる、ということを把握しておき、その損失額がメンタル的に見て自分の許容範囲かどうかを考えてから、トレードするようにして下さい。

 

負けることをイメージしておけば、実際にトレードで負けた時も想定の範囲内なのでメンタルへの影響は出ません。得てして、『負けてもいいや』という気楽な気持ちでトレードしている時のほうが良い結果につながります。

 

 ② 個々の取引に一喜一憂してはいけない。

 

FX超初心者は、1回の取引ごとにどうしても一喜一憂してしまいがちです。その気持ちは分からなくもないです。初めてFXトレードして、勝った時には喜んでしまう人も多いでしょう。

 

しかし結論から言いますと、FXトレードにおける11回のトレード自体は何の意味も持ちません。極端に言えば、11回のトレード結果はどうでもいいのです。重要なのは、100回、200回と取引回数を積み上げた時にトータルで勝てているかどうかなのです。

 

FXは確率の世界です。勝てる時もあれば負ける時もあります。何も考えずに普通にトレードしていたら、FXは上がるか下がるか(買うか売るか)なので当たる確率は50%です。しかし様々な手法を用いて若干有利な局面でトレードするだけで、その確率に歪みが生じます。仮に勝ち60%・負け40%とすれば、これを繰り返すだけでトータルでは勝ちになります。

 

40%の負け、つまり平均的に10回中4回の負けは、気にしなくていいのです。いえ、気にしてはならないのです。これを気にし始めると、勝てる局面でも勝てなくなってしまうのです。

 

 

 

個々のトレード結果に一喜一憂することなく、週・月・年トータルで見た時に勝てていればいいと気楽な気持ちで臨むようにして下さい。

 

 ③ 1日千円勝てれば十分すぎるという意識で臨む。

 

FX超初心者は、FX1日千円勝てれば十分だというぐらいの気楽な気持ちでトレードに臨みましょう。欲張って数千・数万円を狙い始めるとロクなことがありません。

 

1日千円の利益としても、1ヶ月で千円×20日=2万円の利益です。10万円の軍資金から見れば20%の利回りです。ゼロ金利時代にあってこれは凄いことなのです。

 

 

一獲千金ではなく、小さく積み重ねていく意識を持っておいて下さい。

 

 ④ 必勝パターンを作る。(自分だけのルールを作る。)

 

必勝パターンを作って自分なりのルールを確立し、そのルールに当てはまった時にだけ淡々とトレードすることが重要です。

 

必勝パターンと言っても、先ほど言ったように全部を勝つ必要はありません。勝率が60%だとすれば、残りの40%は捨てていいのです。トータルで勝てるルール、それこそが必勝パターンということです。

 

自分なりのルールを作ることは、FX初心者であってもそれほど難しいことではありません。何回もトレードをやっていれば、自分なりの『気づき』が出てきます。『こういう局面では買いで入ると有利そうだ』とか『この状況ならトレードしない方がよいだろう』といった具合にです。

 

 

それらの気づきを活かして、ルール作りを行うのです。そのルールで例えば1ヶ月トレードしたとすれば何勝何敗で、利益がこのぐらい出たということをシミュレーションし、トータルでプラスになるルールだけを残していき、自分なりの必勝パターンを作るのです。

 

また、今は非常に便利な時代になり、自動売買ツールも多くあります。FX初心者は、自動売買の力を借りてベテラントレーダーたちに対抗するのも一手です。自動売買を使う場合も、『値動きの少ない月曜日を狙おう』とか『勝ちやすい17時から24時だけ自動売買を使おう』といった具合に、自分なりのルールを作ることが重要となります。

 

感覚でトレードをせず、論拠を持ってトレードする。 

 

FX超初心者にあり勝ちの失敗例として、感覚的にトレードをしてしまうことが挙げられます。

 

『なんとなく上がっていきそうだから買いを入れよう』『雰囲気的にこれ以上は上がらなさそうだから売りで入ろう』『そろそろ底値だろうから買いを増やそう』など、感覚的なトレードは一切意味を持ちません。

 

FX業界の格言として『そろそろはまだ、まだはもう。』という言葉があります。『そろそろ上がるだろう』と思っても、まだまだ下がっていくのです。逆に、まだ下がらないだろうと思っていると、あっという間に下がっていくのです。

 

FXはチャート画面だけを見ていると、そこに人が介在していないような錯覚を覚えますが、その画面の裏側には世界中のベテラントレーダーが目を光らせ、FX初心者を食い物にしてやろうと手ぐすねひいて待ち構えているのです。

 

 

何の論拠もなく感覚的にトレードしていて勝てるほど、FXの世界は甘くはないのです。しかし、努力は必ず実る世界でもあります。先述したように自分なりの論拠あるルールを作って、そのルール通りに地道にトレードを続けることが重要なのです。

 

『なぜ今エントリーしたのか?』と聞かれて『このインジケーターがこういう状態になったからエントリーした』と答えられればOKです。インジケーターというのは、FXでトレードする際の目安になる指標のことですが、これは次回以降で詳しく解説していきます。

 

感覚では絶対にトレードしない、これを必ず守って頂きたいのです。

 

 ⑥どんなに自信があっても必ず損切りを入れる。

 

FXにおいて損切りは生命線とも言えます。損切り無くしてFXでの勝利はあり得ません。そのぐらい損切りは重要だということを覚えておいて下さい。

 

損切りとは『このレートまで逆行した(自分がエントリーした方向とは逆の方向へ動いてしまった)時には決済して損失を確定させてしまおう』というレートを設定することを指します。

 

必ず損切りを設定しておくべき理由は2つあります。

 

1つ目の理由、想定外の相場の急変時に対応するためです。FX相場はちょっとした要人発言や経済指標の発表によって、急激に乱高下することがあります。

 

その際、損切りを入れておかなければとんでもない大損失を被るリスクがあるのです。逆に言えば、損切りさえ入れておけば、どんなに相場が大荒れしたとしても、被害は最小限で済むのです。そこで損切りに掛かって損失が確定したとしても『損をした』とは考えず『損切り設定していたおかげで資金がパンクするのを防げてよかった!』と考えるのがミソです。

 

損切りはネガティブなものではなく、大切な資金を守ってくれる存在であるとポジティブに捉えるようにして下さい。

 

 

2つ目の理由は、先述したように『負けたらいくら損失が出るかを想定した上でトレードができるから』です。負けた場合の損失額をあらかじめ把握・確定させた上でトレードすることが重要なのです。

 

損切りを設定してそこまでの損失を想定した中でトレードすることによって、冷静さを保つことができますし、仮に損切りになってしまっても、その損失は想定の範囲内なのでメンタル的なダメージもありません。

 

逆に言えば、メンタルにダメージが残らない程度の損切りにしておく、もっと言えば身の丈に合ったロット規模でトレードすることが大事です。

 

損切りには、メンタルをコントロールするというメリットもあるのです。

 

 ⑦トレード履歴を付けて振り返る

 

FXトレードは、やったらやりっ放し、では成長しません。自分だけに分かるメモでもいいのでトレード履歴を付けておき、週・月単位で振り返ることが重要です。ルール通りにトレードした結果、トータルではどうだったか、そこを見ます。

 

トレード結果を分析検証して次のトレードに活かしていくのです。例えば1ヶ月を振り返った時に6040敗で、ルール通りプラスで終えられたとします。しかし分析してみると、買いで入った時には4010敗で、売りで入った時には2030敗だったとします。この結果から、自分で作ったルールは買いの時には非常に有効だけど、売りでは使えないことが見えてきます。

 

それであれば次回のトレードからは、このルールは買い限定で使おう、といった具合に新たな戦略を立てられるのです。

 

自分なりのトレードルールは、こういう繰り返しによって磨かれていき、強力な武器になっていきます。

 

FXトレードを分析検証して次に活かしていくという習慣をぜひ身に付けて下さい。これだけでもトレードパフォーマンスは驚くほど変わってきます。

 

・・・今回の記事は以上となります。FXを始めるための準備はこれで整いました!

 

では次に「インジケーター」についての知識を身につけましょう!以下の記事を御覧ください!