新規または追加口座開設で異国の戦士のEAとインジケーターが貰える!

自動売買(EA)用VPSの約定速度(レイテンシー)を比較!FXトレーダー必見です!

約低速度-VPS-比較

FX取引をするにあたり、大きく分けて2つの方法があります。

一つは多くのトレーダーご行っている様に、インジケーターや独自の分析方法を使い裁量でトレードする方法、もう一つはMT4というFX取引プラットフォームを用いて自動売買システム(EAと呼ばれるもの)を動かしロジックにそって自動売買を行うやり方です。

この記事ではEAを可動させて運用する自動売買の際に非常に役に立つ比較結果をお伝えいたしますので、最後までご覧くださいませ。

EAを運用するにあたり大切なこと

EAを使って資金を運用する方は、VPSと呼ばれる仮想専用サーバーを借りてその中で運用をします。EAを運用させるには24時間パソコンの電源をつけっぱなしにしなければならないので、多くの方はVPSを借りて運用しています。
※VPSとは非常に簡単に言うと、24時間可動しているパソコンを借りるといった感じです。自宅からスマホからどこでもアクセスが出来ます。

EA用のVPSを契約するにあたり、様々な業者が出てきますがEAの持っている性能を最大限に活かすために何を重点的に見れば良いのでしょうか?

EA用のVPSを検討するにあたって大切なことは2つあります。

  • 安全性…EAが運用してる時に何か起こっても停止しないこと
  • 速度(レイテンシ)…EAが出した注文がしっかりと実行されること

ほとんどのVPS業者は安全性については確保しているので、有名な業者であれば大丈夫だと思いますが、「レイテンシ」とよばれる約定速度については各VPS業者によって大きく異なる場合があります。

EAを運用するにあたって、EAが出した注文が遅く約定速度が遅いと本当のパフォーマンスが出せないどころか、スキャルピングなど狭い値幅間を取引するEAなどは、約定速度によってどんどんと資金がマイナスになっていくこともあります。

今回は約定速度について業者別に比較をしてみましたのでご覧くださいませ。

約定速度の業者比較(国内FX業者)

各VPS上のMT4でレイテンシ自動計測ツールを稼働させ、国内FX業者にてエントリーから決済までにかかる時間を計測しました。測定した業者は以下のVPS業者です。

  • お名前.com(3vCPU/2GBメモリ)
  • Ablenet(3vCPU/2GBメモリ)
  • 使えるねっと (3vCPU/2GBメモリ)

計測の方法ですが、計測用のEAを使い購入ポジョンを持った後、直ぐに決済するという動作を20 回繰り返し、平均約定速度を確認しております。

  お名前.com(3vCPU/2GBメモリ) Ablenet(3vCPU/2GBメモリ) 使えるねっと (3vCPU/2GBメモリ)
約低速度平均(ミリ秒) 318 263 276
MT4 Ping 値(ミリ秒 177 182 162

 計測結果

計測を行った結果Ablenet が一番優位なスコアでしたが、2番目に優秀なお名前.comと 0.05 秒と僅差でした。

約定速度においては VPS 性能以上に FX 取引所のサーバー性能が 大きく影響すると考えられます。また、多くのトレーダーが指標とするMT4のPing値ともの関連性はあまり見られませんでした。

約定速度の業者比較(海外FX業者)

今度は海外FX業者にてエントリーから決済までにかかる時間を計測しました。測定した業者は以下のVPS業者です。

  • お名前.com (2vCPU/1.5GBメモリ)
  • Beeks (1vCPU/1.3GBメモリ)
  • Vultr (1vCPU/2GBメモリ)
  お名前.com(2vCPU/1.5GBメモリ) Beeks (1vCPU/1.3GBメモリ) Vultr (1vCPU/2GBメモリ)
約低速度平均(ミリ秒) 533 160 173
MT4 Ping 値(ミリ秒 233 5 187

ロンドンにデータセンターを持つ海外 VPS が0.3秒以上高レスポンスでした。

やはり海外FX業者では、取引所との地理的な距離が結果に大きく反映しているようです。Beeks に関しては FX取引所とデータセンターが近い可能性があります。

CPU 演算とディスクアクセス速度の計測

更に約定速度とは別にベンチマークソフト「CrystalMark 2004R7」を各VPSにて実行してCPU 演算とディスクアクセス速度のパフォーマンスを比較してみました。
※ CPU 演算性能は約定レスポンス、ディスクアクセス性能は MT4 やブラウザ利用の快適性を計る指標と考えられています。

国内のVPS業者での比較

  お名前.com(3vCPU/2GBメモリ) Ablenet(3vCPU/2GBメモリ) 使えるねっと (3vCPU/2GBメモリ)
CPU 演算スコア 52705 57162 58907
ディスクアクセス速度スコア 53132 24836 23802
合計スコア 105837 81998 82709

CPU 演算では大きな性能差は見られませんでしたが、ディスクアクセス速度ではお名前.com が 約2倍優位なスコアを記録しております、

海外のVPS業者での比較

  お名前.com(2vCPU/1.5GBメモリ) Beeks (1vCPU/1.3GBメモリ) Vultr (1vCPU/2GBメモリ)
CPU 演算スコア 30857 11548 28089
ディスクアクセス速度スコア 44802 21876 42208
合計スコア 70659 33424 70297

CPU 演算、ディスクアクセス速度ともにお名前.com が優位なスコアを記録いたしました。

結果

VPSのCPU 性能以上にFX 取引所のシステム性能が影響すると考えられ、海外 VPS との比較では 0.3 秒以上と国内 VPS との比較に比べて約 3倍の差が出ており データセンターの物理的な距離(東京とロンドン)が結果に大きく反映することも分かりました。

また、 CPU コア数ごとの比較においては MT4 がマルチコアに対応していないこともあり MT4 の単体稼働においては 2コア以上にスペックアップしても約定速度に効果はないようです。

お名前.comのVPS導入に関しては、以下の記事にまとめてありますので、よろしければご覧くださいませ!

お名前ドットコム・デスクトップクラウドの導入からMT4設置方法まで全てを解説!スマホもOK