【異国のテクニカルキッド】

【異国のテクニカルキッド】
【異国のテクニカルキッド】
無料商品

※こちらの商品は【異国の通貨強弱システム】ご購入後、高評価をしていただいた方に無料プレゼントさせて頂くインジケーターです。

無料

※こちらの商品は【異国の通貨強弱システム】ご購入後、高評価をしていただいた方に無料プレゼントさせて頂くインジケーターです。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

※こちらの商品は【異国の通貨強弱システム】ご購入後、高評価をしていただいた方に無料プレゼントさせて頂くインジケーターです。

【異国のテクニカルキッド】はレジスタンスサポートエリアからプライスアクション、トレンドラインや意識される場所をボタン一つで切り替えが出来る超便利なインジケーターです!

テクニカル分析を極める上で重要になる情報がすぐに見れることが可能で、不要な時には非表示にしたり、即座に切り替えが出来るようなインジケーターになっており、使用したトレーダーが「このツールは必須だ!」と思って頂けるように開発を致しました!

【異国のテクニカルキッド】では以下の機能を全て搭載しており、全てボタン表示・非表示の切り替えが出来るようになっています!

レジスタンスサポートラインエリア

  • レジスタンスサポートエリア
  • プライスアクション(ピンバー・アウトサイドバー・エンゴルフィンバー)
  • トレンドライン
  • 日足~月足の始値・終値・高値・安値
  • キリ番
  • ピボット

では、各の機能について詳しく紹介していきますので最後まで、どうぞご覧くださいませ!

レジスタンスサポートエリア

【異国のテクニカルキッド】をチャートに導入すると、左下にボタンが表示され、一番左のボタンを押すとレジスタンスサポートエリアが表示されます!

異国の電脳システム

レジスタンスサポートエリア機能では以下の4つのエリアが色分けされて表示されます。
※パラメーター設定画面にてそれぞれの色の設定が可能です!

  • 強めのレジスタンスエリア
  • 強めのサポートエリア
  • 今後意識されそうなレジスタンスエリア
  • 今後意識されそうなサポートエリア

強めのレジスタンスエリア

強めのレジスタンスエリア」では、ある一定のエリアで価格が上昇出来ずに跳ね返されているエリアが表示されます。(初期設定では赤色

買いのエントリーをした後の決済の目安にしたり、レジスタンスエリアで価格が跳ね返ることを想定して売りのエントリーをしたりする時の目安になります。

FX レジスタンスエリア

強めのサポートエリア

強めのサポートエリア」では、ある一定のエリアで価格が下落出来ずに跳ね返されているエリアが表示されます。(初期設定では青色

売りエントリーをした後の決済の目安にしたり、サポートエリアで価格が跳ね返ることを想定して買いのエントリーをしたりする時の目安になります。

FX サポートエリア

今後意識されそうなレジスタンスエリア

今後意識されそうなレジスタンスエリア」は、今後このエリアへ価格が上昇した後に跳ね返される可能性がありそうなエリアです。(初期設定ではピンク色

「強めのレジスタンスエリア」よりは弱いレジスタンスエリアですが、直近に「強めのレジスタンスエリア」がない場合には、買いエントリーの決済ポイントや節目となるエリアとして認識ができます。

FX レジスタンスエリア

今後意識されそうなサポートエリア

今後意識されそうなサポートエリア」は、今後このエリアへ価格が下落した後に跳ね返される可能性がありそうなエリアです。(初期設定では水色

「強めのサポートエリア」よりは弱いサポートエリアですが、直近に「強めのサポートエリア」がない場合には、買いエントリーの決済ポイントや節目となるエリアとして認識ができます。

プライスアクション

プライスアクション機能では、ローソク足の値動きを監視して、以下のプライスアクションが発生した時を検出した時にはサインが表示されます!

更に以下のプライスアクションが出現した時に独自のフィルターを通してサインを絞り込むことが出来る機能もついていますので必見です!

  • 買いと売りのピンバー(RSIのフィルターとボリンジャーバンドフィルター機能付き!)
  • 買いと売りのアウトサイドバー(2つの移動平均線フィルター機能付き!)
  • 買いと売りのエンゴルフィンバー(2つの移動平均線フィルター機能付き!)

買いと売りのピンバー

左から2番めのボタンを押すとピンバーが発生した時にサインが表示されます!

異国のサポレジプライスアクション

更に【異国のテクニカルキッド】ではピンバーが検出される時に以下のインジケーターをフィルターとして使いピンバーのサインを更に絞り込むことが出来る機能がついています!

  • ボリンジャーバンド
  • RSI

パラメーター設定画面の「フィルター種類」から使いたいフィルターを選ぶと自動的にフィルターロジックが追加さます!

異国のサポレジプライスアクション

●ボリンジャーバンドフィルターを選んだ場合

ボリンジャーバンドフィルターを選んだ場合には、以下の様な条件でピンバーが表示されます。

買いのピンバー…買いのピンバーが発生した時の安値がボリンジャーバンドの下より下にある時

ピンバー ボリンジャーバンド

売りのピンバー…売りピンバーが発生した時の高値がボリンジャーバンドの上を超えている時

ピンバー ボリンジャーバンド

フィルターに使うボリンジャーバンドの期間や偏差などの変更もパラメーター設定で自由にカスタマイズ可能です!

●RSIフィルターを選んだ場合

RSIフィルターを選んだ場合には、以下の様な条件でピンバーが表示されます。

買いのピンバー…買いのピンバーが発生した時のRSIが「売られ過ぎ設定値」(初期設定では40)以下になっている時

ピンバー RSI

売りのピンバー…売りのピンバーが発生した時のRSIが「買われ過ぎ設定値」(初期設定では60)以上になっている時

ピンバー RSI

「RSI期間」や「買われ過ぎ・売られ過ぎ期間」の変更もパラメーター設定で自由にカスタマイズ可能です!

買いと売りのアウトサイドバー

左から3番目のボタンを押すとアウトサイドバーが発生した時にサインが表示されます!

アウトサイドバー

また、パラメーター設定画面にある「OUTSIDE_2つの移動平均線フィルター使用」をtrueにするとアウトサイドバーの検出時に2つの移動平均線を用いたフィルター機能が使えます!

パラメーター設定画面ではMA1(移動平均線①)とMA2(移動平均線②)のそれぞれの細かな設定が可能です。

アウトサイドバー

2つの移動平均線を用いたフィルター機能を使用した場合には以下のような条件でアウトサイドバーのサインが表示されいます。

買いのアウトサイドバー…買いのアウトサイドバーが発生した時にMA1がMA2の上にある状態。

アウトサイドバー

売りのアウトサイドバー…売りのアウトサイドバーが発生した時にMA2がMA1の上にある状態。

アウトサイドバー

買いと売りのエンゴルフィンバー

左から4番目のボタンを押すとエンゴルフィンバーが発生した時にサインが表示されます!

エンゴルフィンバー

エンゴルフィンバーはそのままだとサインの数が多いので、アウトサイドバーのフィルターと同様に2つの移動平均線を用いたフィルター機能が付いています。

パラメーター設定画面にある「ENGUL_2つの移動平均線フィルター使用」をtrueにするとアウトサイドバーの検出時に2つの移動平均線を用いたフィルター機能が使えます!

買いのエンゴルフィンバー…買いのエンゴルフィンバーが発生した時にMA1がMA2の上にある状態。

エンゴルフィンバー

売りのエンゴルフィンバー…売りのエンゴルフィンバーが発生した時にMA2がMA1の上にある状態。

エンゴルフィンバー

トレンドライン

左から5番目のボタンを押すとZigZagを用いたトレンドラインが表示されます!

トレンドライン

トレンドラインは

  • トレンドライン1
  • トレンドライン2
  • トレンドライン3

の3種類が存在しておりそれぞれのトレンドラインはパラメーター設定画面から表示・非表示にすることができます。

パラメーター設定

●トレンドライン1について

トレンドライン1は直近と一つ前のZigZagの高値安値でトレンドラインが引かれます。

トレンドライン

●トレンドライン2について

トレンドライン2は一つ前と二つ前の安値高値のZigZagの高値安値でトレンドラインが引かれます。

トレンドライン

●トレンドライン3について

トレンドライン3は二つ前と三つ前の安値高値のZigZagの高値安値でトレンドラインが引かれます。

トレンドライン

各トレンドラインのスタイルもパラメーター設定画面から設定が可能です!

日足~月足の始値・終値・高値・安値

左から6番目のボタンを押すと、日足~月足の始値・終値・高値・安値のラインが表示されます。

日足 週足 月足 レジサポ

大きな時間足の日足・週足・月足の始値・終値・高値・安値の情報も大切な情報でトレーダーに意識される場所です。この場所がしばしばレジスタンス・サポートラインとして機能することもあるので【異国のテクニカルキッド】ではボタンで表示・非表示の切り替えが出来る機能が備わっています。

また、「日足の情報だけ表示したい!」、「日足と月足の情報を表示したい!」等の要望にも答えられるように、パラメーター設定画面では日足から月足まで「情報表示」という項目があります。こちらをfalseにすると、ボタンを押した時に非表示にされるので便利です!

また、各ラインの細かいスタイルの設定も可能です!

パラメーター設定 mt4

キリ番

左から7番目のボタンを押すと、キリ番またはラウンドナンバーと言われるラインが表示されます。

異国のテクニカルキッド

100PIPS・50PIPSで区切られた意識されやすい価格の場所に自動でラインが引かれ、テクニカルトレードをする上で見る指標として重要な要素となっています!

ピボット

左から8番目のボタンを押すと、デイリーピボットが表示されます。

異国のテクニカルキッド

 

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。