10/27今夜はPCEデフレーター!異国の通貨強弱システムで相場分析!ドル円/ユーロ円/ユーロ米ドル/ポンド円/豪ドル円

FXトレーダーのみなさんお世話になっております。

異国の戦士相場分析チームのひらっちです!

10/27(金)、本日と明日以降のシナリオ構築を、

異国の戦士の開発した独自のインジケーター【異国の通貨強弱システム】を使っテクニカル分析を行っていきます!

注目度の高い経済指標スケジュールについても触れていますので

ぜひトレードの参考にしていただければと思います。

動画で見たい方は↓

本日のメニュー

  1. ドル円
  2. ユーロ/円
  3. ユーロ/ドル
  4. ポンド/円
  5. 豪ドル/円
  6. 今週~来週の重要経済指標スケジュールとまとめ

1.ドル円

まずドル円の4時間足の通貨強弱リストを見ていきましょう。

ドルと円はあまり方向性がありませんが、ドルが上に位置していますので、ドル円は横ばい~上目線とイメージできそうです。

では実際にチャートを見ながら分析していきましょう!

ドル円は昨夜、150.000と150.500の間での攻防が続いており、朝方では150.500付近で値を保っていましたが、東京時間あたりから徐々に下がり始め、現在150.100付近に位置しています。

通貨強弱ではドルが上に位置しており直近の方向感はあまりないですが横這い~上目線、日足では以前として上昇の勢いを継続中。1時間足では直近のサポートゾーンである150.000付近、また1時間足上昇トレンドライン下限の、良い下値のポイント。よってドル円は押し目買いを狙っていきたいところです。

【今後の値動きシナリオ】
①150円付近でローロリバーサル!
1時間足のトレンドライン下限と長い間もみ合ったサポートゾーン①でのロールリバーサルで買いが入ってきて再上昇するシナリオ。上昇した際の目標ポイントは、長い髭が目立つ直近高値150.800付近が良いと考えます。

②150円を下抜け
150円付近のサポートゾーン①と1時間足上昇トレンドラインの下限を大きく下回ってしまう場合は、一旦上昇の流れが崩れる可能性がありますので、もしロングポジションをもっていた場合は早めの損切りが無難と考えます。

2.ユーロ円

まずユーロ円の4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。

ユーロと円もあまり方向性がありませんが、ユーロが上に位置していますので、ユーロ円は横ばい~上目線とイメージできそうです。

では実際にチャートを見ながら分析していきましょう!

ユーロ円は昨夜、1時間足の上昇トレンドラインを割り込みましたが長い髭を付けて買い戻され、サポートゾーン①である158.500付近でもみ合いを続けておりました。

本日もその流れを引き継ぎもみ合い継続中です。

通貨強弱リストでは直近方向感はありませんがユーロが上に位置しており横這い~上目線。日足では上昇トレンドまたはアセンディングトライアングル形成中。1時間足では、1時間足トレンドドラインの下限とサポートゾーン①でのロールリバーサルポイントという、買いの根拠が重なる良い下値ポイントに位置している。よってユーロ円では押し目買いを狙っていきたいところです。

【今後の値動きシナリオ】
①逆ヘッド&ショルダーで再上昇!
チャートが逆ヘッド&ショルダーを形成中と考えられます。ネックラインをしっかり上抜いてから再上昇するというシナリオが考えられます。

②下抜け
サポートゾーン①と1時間足上昇トレンドラインの下限、逆ヘッド&ショルダーのヘッド部分すらも、下に割り込んでしまう場合はロング目線は一旦切り替えが必要と考えます。

3.ユーロ米ドル

まずユーロ米ドルの4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。

ユーロとドルは非常に距離が近く、ドルが上に位置していますが、どちらも明確な方向感のない状況です。

では実際にチャートを見ながら分析していきましょう!

ユーロ米ドルは昨夜、日足の上昇トレンドラインを一瞬下抜けましたが、結果的に昨日の足は長い下髭を付けており、本日は1.05500付近に位置しております。

通貨強弱では非常に距離が近く、明確な方向感なし。日足では一瞬トレンドラインを下抜けるも長い下髭をつけライン上に戻った。1時足ではもみ合いの下限で値を保っている状況。よってユーロ米ドルは現時点ではまだ五分五分なイメージではありますが、今後1時間足でダブルボトム等の反転チャートパターンが出現してきた場合は、押し目買いを狙っていきたいところです。

しかし、日足を見ると大きな下降流れはまだ残っており、日足の上昇トレンドラインをしっかり下抜け、直近安値付近のサポートゾーン②をも下抜けてしまうと、大きな下降トレンド再開になる可能性が考えられます。その場合はロング目線を終了し、ショート目線に切り替える必要があります。

【今後の値動きシナリオ】
①ダブルボトム等のプライスアクションで再上昇!
②日足上昇トレンドライン下抜けで大きな下降トレンド再開

4.ポンド円

まずポンド円の4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。

ポンドと円は距離が開き、ポンドが弱く、円が強い状況ですが、直近ではどちらも横這いになっており、ポンド円は横ばい~下目線とイメージできそうです。

では実際にチャートを見ながら分析していきましょう!

ポンド円は昨夜、1時間足レンジ下限であるサポートゾーン①の181.000付近から反転し、レンジ中間の182.500付近まで上昇しましたが、本日は再び下降が始まり、現在182,000付近に位置しています。

通貨強弱ではポンドが弱く円が強い、日足では売り優勢でヘッド&ショルダー形成中。しかし1時間足ではまだレンジの中におり、現時点ではまだトレードは難しい状況ですが、通貨強弱日足どちらも下目線のイメージが強いので、181.000付近のサポートゾーン①をしっかり下抜けてから、積極的に戻り売りやロールリバーサルを狙っていきたいところです。

【今後の値動きシナリオ】
①下抜けして下降トレンド発生!
②レンジ継続

5.豪ドル円

まず豪ドル円の4時間足の通貨強弱関係を見ていきましょう。

豪ドルと円は距離が近く互いに絡み合っており、明確の方向感のない状況です。

では実際にチャートを見ながら分析していきましょう!

豪ドル円は昨夜、1時間足レンジ下限であるサポートゾーン①94.200付近から買いが入り反転しており、現在はレンジ中間地点95.100付近に位置しています。

通貨強弱では互いに絡み合い方向感なし、日足でも大きなもみ合いまたは三角持ち合い、1時間足でも綺麗なレンジ相場ですので、豪ドル円はレンジ相場が継続すると考えられそうです。

上下どちらも五分五分なイメージですので、レンジ下限で買い、レンジ上限で売りというシンプルなトレーシナリオが考えられます。現在は、日足の三角持ち合いの上限と1時間足レジスタンスゾーンである95.700付近は根拠の重なるいい上値ポイントですので、このあたりから再下降を狙うシナリオが考えられます。しかしどちらかにレンジブレイクした際は、大きなもみ合いな分それだけパワーも溜まっていますので、レンジブレイクした際には目線を切り替え、大きな方向性に合わせた、押し目買い、戻り売りを狙っていきましょう。

【今後の値動きシナリオ】
①綺麗なレンジ継続!
①どちらかレンジブレイクしてトレンド発生

6.今夜~来週の重要経済指標スケジュール

今夜~来週の注目経済指標としましては


・10/27(金) 21時30分~米)9月個人消費支出(PCEデフレーター)
・10/27(金) 23時00分~米)0月ミシガン大学消費者態度指数・確報値
・10/30(月) 独)7-9月期国内総生産(GDP、速報値)
・10/31(火) 日銀金融政策、政策金利発表
・10/31(火) 日)9月失業率
・10/31(火) 日)9月鉱工業生産・速報値
・10/31(火) 中)10月製造業購買担当者景気指数(PMI)
・10/31(火) 植田銀総裁、定例記者会見
・10/31(火) 欧)7-9月期四半期域内総生産(GDP、速報値)
・10/31(火) 欧)10月消費者物価指数(HICP、速報値)
・10/31(火) 米)7-9月期四半期雇用コスト指数
・11/1(水) 米)10月ADP雇用統計
・11/1(水) 米)10月製造業購買担当者景気指数(PMI)
・11/1(水) 米)10月ISM製造業景況指数 
・11/1(水) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
・11/1(水) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

等が予定されています。

昨夜の米)GDP速報値は前年比率+4.9%と非常に良い数値でしたが、事前に発表されていた予想数値も高く、既にドル買いが進んでいたためか、発表直後はドル売りの動きが見られました。本日大きな経済指標として21時30分から米)PCEデフレーターの発表があります。ドル円はさらに上昇するのか市場の注目が集まっておりますが、本日は週末金曜日、そして来週は10/31(火)は日銀の金融政策&政策金利の発表、11/1(水)の深夜にはFOMCが控えておりますので、本日はポジション調整の動きでNYクローズを迎える可能性も考えられますが、米)PCEデフレーターも比較的大きく動くことが多い指標ですので、ポジションを持っている際は、発表時間には注意しましょう。

スキャルピングに革命を起こす!
精度の高い売買サインを使ってスキャルピングをマスター!
【異国のスキャルピングシステム】

詳しくはこちら

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。