6通貨ペアで運用可能な最強の無料EA「異国のシンクタンク」を無料でプレゼント中!詳しくは こちら

【FX】パーフェクトオーダーとは?見方や移動平均線の本数は?短期中期長期の期間は?

パーフェクトオーダーとは何でしょうか?

 

「英語では完璧な順番」といった意味になりますが

一般的に言われていることは、短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線の3本

完璧に並んでいる状態の場面を指します。

 

パーフェクトオーダーには

上昇トレンドパーフェクトオーダーと下降トレンドパーフェクトオーダーが存在します。

 

3本の移動平均線が

短期移動平均線>中期移動平均線>長期移動平均線

と揃っていた時には上昇トレンドパーフェクトオーダー

以下の画像の水色の背景色で塗った部分が上昇トレンドパーフェクトオーダーです。

fx-パーフェクトオーダー

 

長期移動平均線>中期移動平均線>短期移動平均線

と揃っていた時には下降トレンドパーフェクトオーダー

となります。

 

以下の画像の肌色の背景色で塗った部分が下降トレンドパーフェクトオーダーです。

fx-パーフェクトオーダー

 

上昇パーフェクトオーダー・下降パーフェクトオーダーが発生している場面では、

トレンドが発生していると考え、

上昇トレンドパーフェクトオーダーが発生時には、買いの勢力が優勢と判断し

買いのエントリーポイントを探ります。

 

下降トレンドパーフェクトオーダーが発生時には、売りの勢力が優勢と判断し

売りのエントリーポイントを探ります。

 

しかしながら、これだけでは曖昧な部分が多く様々な疑問が残ります。

移動平均線の期間や本数は?

短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線と言われていますが、

それぞれの移動平均線の期間がまず曖昧です。

 

何をもってして短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線と言っているのかイメージが湧かないと思います。

 

パーフェクトオーダーについて解説をしているブログを良く見かけますが

「20MAが短期移動平均線、50MAが中期移動平均線、100MAが長期移動平均線です。」だったり

「50MAが短期移動平均線、100MAが中期移動平均線、200MAが長期移動平均線です」だったり

はっきりとした答えがありません。

 

私なりの考えですが、短期、中期、長期それぞれの期間は関係ないと思っています。

 

例えば、細かく20MAが短期移動平均線だと決めつけてしまったら、なぜ19MAや21MAは短期移動平均線じゃないの?

などと、色々と言われてしまいます。

 

短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線というのは

相対的に見て短期移動平均線なのか、中期移動平均線なのか長期移動平均線なのかが

決まると思っています。

 

例えば仮に、短期を長めの期間の200MAにすると決めたら

中期はその倍の400MA

長期はその倍800MAとしたりして、

相対的に見て短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線と言えるバランスが取れていれば、

パーフェクトオーダーのセットアップはOKだと思っています。

 

ポイントは相対的に見てバランスが取れていることです。

 

以下のような短期移動平均線、中期移動平均線、長期移動平均線の期間の組み合わせは

相対的に見てバランスが取れていないのでダメです。

 

ダメな例

  • 20MA、21MA、22MA  → 感覚が狭すぎる
  • 20MA、982MA、999MA → 短期、中期、長期の期間のバランスがおかしい

 

短期、中期、長期の3本だけ?10本に増やしたらどうなるの?

パーフェクトオーダーでは基本的に

  • 短期移動平均線
  • 中期移動平均線
  • 長期移動平均線

の3本を使いますが、極端な話10本や20本に増やしたらどうなるのでしょうか?

 

増やせば増やすほど

上昇トレンドパーフェクトオーダーや

下降トレンドパーフェクトオーダの精度が上がるのでしょうか?

 

一度チャートに表示させて、考察してみましょう。

3本を使った場合(20MA、50MA、200MA)

チャートの下に青い線が発生中は上昇トレンドパーフェクトオーダー

赤い線が発生中している時は下降トレンドパーフェクトオーダーです。

パーフェクトオーダー-fx

5本を使った場合(20MA、50MA、200MA、400MA、600MA)

fx-パーフェクトオーダー

5本表示させてしまうと、パーフェクトオーダー完成時には

既にトレンドの終わりの方に発生してしまいます。

 

これを見て、

やっぱり3本の方がちゃんとトレンド発生を捉えることが出来るから3本でいいね..

と判断するのは間違いなんです。

 

本数を少なくすればするほど、ダマシも増えしまいます。

 

先程お見せしたチャートは、たまたま3本の移動平均線でトレンドのシグナルを見せてくれましたが、

相場によっては、待った使えないシグナルになる場合もあるのです。

 

以下のチャートは3本の移動平均線を表示して

上昇トレンドのパーフェクトオーダーが発生した箇所を、水色で色をつけています。

fx-パーフェクトオーダー

ご覧の通り、トレンドの天井圏で買いシグナルが出てしまっています。

使い物にならないシグナルです。

 

それでは、5本の移動平均線ではどのようになっているか見てみましょう。

fx-パーフェクトオーダー

5本で表示すると、長い移動平均線は下降しており

すべての移動平均線の方向性が一致していないので、ノーシグナルとなります。

 

3本の移動平均線で発生したダマシの

上昇トレンドパーフェクトオーダーを回避しています。

結局どうすればいいのか?

結局のところ、パーフェクトオーダーで使用する、

普遍的な移動平均線の数の正解の答えはありません。

 

多ければダマシが少なくなるが、パーフェクトオーダーの完成は遅れる。

少なければダマシは多くなるが、パーフェクトオーダーの完成は早い。

 

「どちらも一長一短あり、取引のスタイルや好みによって変わります。」

と諦めてしまいそうですが、

 

パーフェクトオーダーは私が思うに非常に使える考えです。

 

綺麗なパーフェクトオーダー時には

トレンドの意思に沿ってエントリーが出来るので分かりやすく、買い目線なのか売り目線なのかはっきりと決めることが出来ます。

 

そこで、パーフェクトオーダーをもっと使いやすく出来ないかと考えた結果、

RSIの移動平均線を作成してみました。

 

チャート上には3本の移動平均線を表示し、チャート下には

RSIの計算を元にした移動平均線はなんと6本も表示していますが、

3本の移動平均線よりも、ずっと早く良い位置でシグナルを出しています。

 

水色のドットが表示されれば、上昇トレンドパーフェクトオーダー

赤色のドットが表示されれば、下降トレンドパーフェクトオーダーです。

 

また、左の方に上昇トレンドパーフェクトオーダーや

下降トレンドパーフェクトオーダーが表示されていますが、

RSI移動平均線の束がしっかりと広がっていないので、エントリーを見送るという判断が出来ます。

 

そして、中央辺りの上昇トレンドパーフェクトオーダーでは

束がしっかりと広がったことを確認してからエントリーをしても

全く遅くなく、パーフェクトオーダーにありがちな

トレンド終わりのエントリーを減らすことが出来ます。

RSI-perfect-order

さらに詳しい説明などは以下の商品ページにたっぷりとありますので、ご覧ください。

 

RSI-perfect-order

RSI PERFECT ORDER