お買い物カゴ
インジケーターの導入方法mt4

【初心者向け】MT4チャートにインジケーターを表示させる方法&インジケーター活用術!

前回の以下の記事では「インジケーター」について徹底解説致しました。

 

 

 

今回は実際にMT4チャートにインジケーターを表示させる方法と、それらのインジケーターの活用術を解説します。

 

FX初心者であってもMT4チャートにインジケーターを表示させることは簡単ですのでご安心下さい!

 

しかしインジケーターをMT4に表示させても、実際にどのようにMT4チャートを使いこなせばいいか分からないと意味がありません。そこで今回は、MT4に表示させたインジケーターの活用術も合わせてお伝えします。

 

この記事を読み終えた時には、自力でMT4チャートにインジケーターを表示させ、それらを効果的に活用できるようになっているはずです。

 

MT4チャートにインジケーターを表示させる方法(移動平均線)

①MT4チャート上部の『表示』から『ナビゲーター』を選択。

 

MT4チャートを開くと、上部に『表示』ボタンあります。これをクリックして、出てきた一覧の中から『ナビゲーター』を選択します。

 

 

②MT4チャートに搭載されているインジケーター一覧が出てくる。

 

すると下図のように画面の左側に、MT4チャートに元々搭載されているインジケーターの一覧が出てきます。MT4 チャートではメジャーなインジケーターはほとんどが網羅されています。

前回の記事でご紹介した移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、RSI、MACD等も全て入っています。

 

 

 

FX初心者の段階であれば、MT4チャートに元々入っている主要インジケーターでまずは事足りますが、トレードに慣れてくると、MT4チャートに入っていないインジケーターを使いたくなる場合も出てきます。

 

MT4チャートに搭載されていないインジケーターでも、ネットからダウンロードしてきてMT4に入れることができます。自分好みのMT4チャートにカスタマイズできるということです。これもまた、MT4チャートの魅力とも言えます。

 

MT4チャートに搭載されていないインジケーターの追加方法は後述します。

 

③使いたいインジケーターをダブルクリック、もしくはドラッグ。

 

次に、使いたいインジケーターをダブルクリックします。ダブルクリックは、ドラッグしてチャート部分でドラッグを離してもOKです。

 

今回は一例として、日足チャートの移動平均線で解説します。移動平均線は英語で『Moving Average』です。最初は英語(ローマ字)表記に戸惑うかもしれませんがすぐに慣れます。

 

④パラメーター画面が出てくる。

 

『Moving Average』をダブルクリックすると下図のような画面が出てきます。

 

 

これは『パラメーター』と言われるものです。今回の例で言えば、『移動平均線の対象とする期間はどのくらいに設定しますか?』と聞かれていると考えて下さい。

 

パラメータ部分を拡大して見てみましょう。

 

 

『スタイル』でインジケーターの色や太さを好みに設定することができます。これで設定が終わればOKボタンを押します。

 

ちなみに今回の例の移動平均線では『期間』の下に『移動平均の種別』『適用価格』という項目もありますが、FX初心者のうちは初期設定のままで無視して頂いて大丈夫です。

 

これは移動平均線に限らず全てのインジケーターに言えることですが、基本的にはパラメーターは初期設定のものを使う形で十分です。慣れてくれば自分なりにパラメーター変更してもよいですが、慣れるまではそのまま使って下さい。

 

これには理由があります。MT4チャート自体が世界中で最も使われているFXのプラットフォームです。そして多くの人が、MT4に入っているインジケーターを初期設定で使っています。より多くの人が使って見ているインジケーター・パラメーターの方が機能しやすくなるからです。

 

FX初心者のうちからインジケーターのパラメーターを触り過ぎると、逆に迷いと混乱が生じますので、慣れるまでは初期設定値のまま使うことをおすすめします。

 

⑤MT4チャートにインジケーターが表示される。

 

では、OKボタンを押した後のMT4チャート画面を見てみます。下図のように、インジケーター移動平均線20MAが表示されました。

 

 

移動平均線というインジケーターがたった1本入るだけでも、随分とチャートが見やすくなったと感じた人も多いはずです。インジケーターは相場の方向感やエントリーの目安を示してくれる道標になってくれます。

 

以上がMT4チャートにインジケーター移動平均線を表示させる方法となります。

 

MT4チャートにインジケーターを表示させる方法(RSI)

 

ではオシレ―ター系インジケーターの代表格であるRSIもMT4チャートに表示させてみます。

 

RSIの場合、移動平均線とは違って数値で示される指標です。この場合は、見やすくするために少しだけプラスして作業が必要になります。

 

パラメーター画面を出す所までは移動平均線の時と同じです。

慣れるまではパラメーターは初期値の14を使って頂くのが無難です。

 

①レベル表示ボタンをクリックする。

 

『パラメーター入力』の2つ右に『レベル表示』という項目がありますので、ここをクリックします。そして追加ボタンをクリックします。

RSIのレベル表示とは、70とか30という基準値をチャート上で分かりやすくするために出すレベル表示のことです。その表示数値を追加するということです。

 

②レベル表示の数値(MT4に表示したい数値)を設定する。

 

ここで、MT4チャートに表示させたい数値を入力します。RSIの場合、70か80、20か30、そしてど真ん中の50の3つの数値を見えるようにしておけば十分です。

 

では一例として今回は、RSIの70・50・30を表示させます。そのためにレベル設定を入力します。70が設定できれば、また追加ボタンを押して、数値を入力します。これを3回行います。下図が入力を終えた状態です。これでOKボタンをクリックします。

 

 

これでMT4チャートにRSIを表示できました。先ほど入力した70・50・30という数値も点線によって表示されているので、RSIが今どのぐらいの数値にあるかがすぐに分かるようになりました。

 

以上がインジケーターRSIをMT4チャートに表示させる方法となります。

 

このように、MT4に入っているインジケーターをチャートに表示させるのはFX初心者であっても簡単です。慣れれば数十秒でできるようになります。

 

では次は、MT4チャートに入っていないインジケーターをMT4チャートに追加して表示させる方法を説明します。

 

MT4チャートに搭載されていないインジケーターを追加して表示させる方法

 

MT4チャートに搭載されていないインジケーターでも自分のMT4チャートに追加して表示させることができます。

 

ほとんどの人気インジケーターは元々のMT4に入っていますが、中には人気があるにも関わらずMT4チャートに入っていないインジケーターも多くあります。インジケーターRCI等はその代表例です。

 

RCIはFX初心者だけでなくFX上級者にも非常に人気が高いインジケーターです。しかし認知され始めたのが比較的最近であることもあって、MT4チャートに搭載されていないことが多いです。

 

では、元々MT4に入っていないインジケーターRCIを例として、MT4チャートに追加して表示させる所までを説明します。

 

インジケーターは有料の場合もありますが、無料でダウンロードできるものが多いです。

 

RCIをダウンロードした時点から説明します。

 

※RCIはこちらからダウンロードできます

 

ダウンロードしたインジケーターRCIは、『EX4ファイル』というファイル形式になっているはずです。まずはここだけ確認をしたら、次にMT4チャートを開きます。上部の『ファイル』をクリックし、『データフォルダを開く』を選択します。

 

 

すると下図のような画面が出てきますので、『MQL4』をクリックします。

 

 

下図のような画面が出てきますので、今度は『Indicators』をクリックします。

 

 

すると、下図のような画面が出てきます。ここが、MT4チャートに搭載されているインジケーターの格納場所(ファイルの場所)となります。ここにあるものが、インジケーターとしてMT4チャートで表示できるということです。

 

 

あとは、ダウンロードしてきたインジケーター(今回の例ではRCI)をここに入れるだけです。ファイルをコピーして貼り付けてもいいですし、ドラッグして移動させてきてもいいです。

 

 

今回はコピーして貼り付けて追加しました。これでRCIが追加されたことになります。

 

ただし、ここから注意ポイントがあります。新たにインジケーターを追加はできましたが、この後必ず1度MT4チャートを閉じて頂く必要があります。開いたままのMT4チャートには追加されたインジケーターがまだ反映されていない状態です。

 

1度MT4チャートを閉じて、もう1度起動させます。すると、先ほど追加したインジケーターRCIが反映されているのが分かります。

 

 

あとは先述した方法で、インジケーターを表示させれば、MT4に追加インジケーターを表示させることができます。

 

 

ちなみに、今回ダウンロードしたRCIは一般的な3本線ではなく1本しかありませんでした。(ダウンロード先によって、仕様が変わります。自動的に3本線が表示される場合もあります。)

 

しかし上図では1本ではなく3本のRCIを表示させることができています。

 

これはRCIを表示させる作業を、パラメーター設定だけ触って3回行ったからです。一般的に使われているパラメーター期間『9・26・52』の3本を同時に表示させるためです。

 

そして、同一画面枠にRCI3本を収めるために、ダブルクリックではなくドラッグして表示をさせました。

 

 

こうすることで、仮に、本来欲しかった3本線RCIでなかったとしても、1本ずつ追加することで3本線を同時に表示させることができます。

 

これはRCIに限らず、元々MT4チャートに搭載されているインジケーターも含めてどのようなインジケーターでも当てはまります。

 

例えば先述したRSI(RCIと名前は似てますが違います)を、パラメーター期間14と28の2本を同時に表示させたい場合でも同様の手順で、2本のRSIを同一画面上で表示させることができます。

 

 

これだけ覚えておけば、FX初心者であっても自由自在にMT4にインジケーターを追加できますし、同じインジケーターでもパラメーターを変更して複数本、表示させることもできます。

 

1度実際にやって頂くとすぐに覚えられますのでご安心下さい。やってみると本当に簡単で、すぐ慣れて頂けます!

 

RCIについて更に詳しい手法を以下の記事で解説していますので、ぜひ御覧ください!

 

 

MT4インジケーター活用術

 

これでFX初心者でも、インジケーターをMT4に表示させたり追加することができるようになりました。

 

あとはこれらのインジケーターをどう活用していくかがポイントになります。MT4でインジケーターを使ってFX勝ち組になるために極めて重要なテクニカル面でのポイントを2つ、解説します。これだけは是非覚えておいて下さい。

 

①MT4で複数の時間足チャートを使う。

 

MT4はいくつでもチャートを開くことができます。あまり開きすぎるとデータ容量が重たくなって動作が鈍くなる可能性もありますので、複数通貨で複数時間足チャートを使うとしても多くて10枚ぐらいまでに留めておくのが望ましいです。

 

『MT4の複数チャート同時表示が可能』という特性を活かして、複数の時間足チャートで相場分析するようにして下さい。長い時間足と短い時間足の組み合わせです。特におすすめなのが『1時間足』と『5分足』の組み合わせです。

 

結論から言えば、1時間足チャートで相場のおおよその方向感、つまり買いが有利なのか売りが有利なのか、トレンド相場なのかレンジ相場なのかを把握するのです。そして、実際のエントリー自体は5分足チャートを使ってタイミングを合わせます。

 

これはFXトレードしていくにあたって基本中の基本の考え方となります。

 

総じてFX相場は長い時間足の流れに吸収されていきます。1時間足で上昇トレンドであれば、たとえ目の前の5分足が下降気味でも、買いエントリー(上昇方向)することだけを考えるようにして下さい。

 

短い時間足だけだと相場の大局観がつかめず、『ダマシ』に遭う確率も高くなります。しかし長い時間足を組み合わせて見ることで、劇的に勝率がアップします。それは、相場全体としての大きな流れを把握した上で、その方向へ向かってのみエントリーできるようになるからです。

 

上図のような状況であれば、いくら5分足が下がりつつあっても気にせずに、上昇トレンドと判断して買いエントリーだけを意識できるはずです。

 

エントリーは焦ったり急いだりする必要はないので、まずじっくりと、1時間足チャート以上の長い時間足で、全体の方向感を把握してから短い時間足チャートを見るよう心掛けて下さい。

 

②MT4で複数のインジケーターを使う。

 

もう1つの重要ポイントが、MT4で複数のインジケーターを組み合わせて使うことです。例えば『移動平均線+RSI』であったり、『一目均衡表+MACD』といった具合にです。

 

1つのインジケーターだけではダマシも多く精度も落ちますが、これを2つ組み合わせることによって精度が格段にアップします。

 

例えば1時間足チャートを使って相場の方向感を確認したい場合、移動平均線とRSIの2つをMT4に表示させたものが下図になります。

移動平均線より下にあったロウソク足が再び上抜けして、移動平均線の向きも右肩上がりです。絶好の上昇トレンドと考えられる局面ですが、ここでRSIを使ってさらに念押しの確認をするわけです。

 

RSIの数値も60~70付近にまで上がってきており、RSIのど真ん中の数値である50を大きく上回っています。よって、RSIで見ても右肩上がりの買い有利・上昇トレンド局面であることが分かります。

 

戦略としては例えば、上昇トレンドなので買いエントリーで入り、RSIが70を超えてもポジションを保有し続けて利益を伸ばし、次に70を下回った時点で利益確定する、という策が出てきます。

 

このように、複数のインジケーターを組み合わせることでより精度の高い相場分析をすることができ、大きな流れに逆らわない有利なトレードをすることができます。

 

MT4では、複数の時間足チャート&複数のインジケーター活用が安定的に勝つための大きな鍵を握っていますので、是非覚えておいて下さい。

 

初心者でも使いやすいインジケーター

 

初心者の方でも使いやすいインジケーターを販売中なので、ぜひチェックしてみて下さい!