分かりやすい!稼げるエリオット波動手法!

FXトレーダーのみなさんお世話になっております。

異国の戦士相場分析チームのひらっちです!

今回は、エリオット波動論について解説させていただいた後に、なかなか実戦では使いづらい!と感じている方も多いエリオット波動の、有効な手法をご紹介いたします。

ぜひトレードの参考にしていただければと思います。

動画で見たい方は↓

本日のメニュー

  1. エリオット波動論とは
  2. エリオット波動の3つの原則
  3. エクステンション
  4. 実際のチャートに当てはめてみよう
  5. エリオット波動を使用した一般的なトレード方法
  6. 異国式エリオット波動を用いたトレード手法!
  7. まとめ

1.エリオット波動論とは

エリオット波動論とは、米国のアナリストであるラルフ・ネルソン・エリオット氏の確立したチャート分析理論です。相場は一見ランダムな動きをしているようで、実はある一定のサイクルを繰り返している、とする理論です。

具体的には「相場は5つの推進波と3つの修正波から成り立っている」という考え方で、それぞれ波の中に、フラクタル構造でさらに小さな5つや3つの波があります。

上昇トレンドの場合=5つの波動(推進波)を描いて上昇し、3つの波動(修正波)を描いて下降
下降トレンドの場合=5つの波動(推進波)を描いて下降し、3つの波動(修正波)を描いて上昇

 

2.エリオット波動の3つの原則

相場をエリオット波動論で分析するには3つの条件に当てはまる必要があります。

①推進波の1.3.5波の中で3波が一番短くなることはない
②波動2が波動1よりも安値を付けることはない
③波動4の安値が波動1の高値を下回ることはない

 

3.エクステンション

エリオット波動は実際のチャートで分析してみると、エリオット波動のように見えるが、定義とは少しズレていたり、波の数が合わない、という場合があります。

こういった場合はエリオット波動の変形型である「エクステンション」という現象が起こっている可能性があります

エクステンションでは、第3波や第5波が長くなっていることが多いです。1波2波~と数えても波の数が合わない場合は、エクステンションが起こっている可能性を考えましょう。

また、長くなった波の中にさらに小さな5つの波があるというパターンが多く見られます。

 

4.実際のチャートでエリオット波動を分析

実際にエリオット波動の条件に当てはまるチャートを見てみましょう。

エクステンションも考慮するとこのようにエリオット波動を当てはめることができます。

 

5.一般的なエリオット波動でのエントリー

では実際にこのエリオット波動を用いてどんなトレードをするかというと、一般的には一番伸びやすいと言われる第3波の波に乗って利益を出すというトレードが有名です。

具体的には、第1波が発生し、第2波で下がり、再び上昇し第1波の高値を超えてきたタイミングでエントリー、という方法が取られています。

しかし、エリオット波動は有名な理論ですが、その一方で「ただの結果論」「実用的ではない」という意見も多く見られるのが現実です。

確かに、これまでの様な解説で出来上がったチャートで、ここが1波、ここが2波、という様に当てはめるのは簡単で、説得力がありますが、実際にリアルタイムで、どの時点からエリオット波動を当てはめることができるのかは、非常に難しいです。

 

6.異国式エリオット波動を使用したトレード手法!

そこで今回は、実用的なエリオット波動の活用法をご紹介いたします。一般的なエントリー方法と同じく、伸びやすい3波を狙います。しかし、そもそもどうやってエリオット波動の第1波、第2波、と見つければ良いのかと、迷われた方も多いのではないでしょか?

その探し方のコツをご紹介いたします!それは、切り上げダブルボトムの形だけを探せばいい!ということなのです。

切り上げダブルボトムは、相場の転換点を示すWボトムの中でも、特に反転の精度の高い形です。

エリオット波動は、修正波まできっちり探し出そうとすると、全ての条件に当てはまる状況をチャートから探し出すのは、あまり現実的でないように思えますが、このように、私たちが実際の利益を取りたい、第3波までを切り取って表示すると、意外にも、シンプルなN字の、ただの切り上げチャートなのです!

実際にエントリーすることを考える場合は、推進波、、、修正波、、、などと難しいことを考える必要はなく、シンプルにこの切り上げダブルボトム、ショートの場合は切り下げダブルトップの形を探せば良いのです!

 

では実際にエントリーから決済までを行ってみましょう。インジケーターにはZigZagを表示しています。以下のチャートの状況から切り下げダブルトップを狙ってエントリーします。

エリオット波動となる可能性がでてきました。ここから切り返し、ネックラインを下抜けると、一般的なエリオット波動のエントリータイミングとなりますが、異国の戦士式ではより優位性のあるタイミングでエントリーするための、前回の解説ブログでご紹介した『小トレンドラインブレイク』でエントリーします。

小トレンドラインブレイクとは、通常のトレンドラインとは一回り小さい規模で引くトレンドラインを引き、そのラインをブレイクしてきたらエントリーすることです。

水平ネックラインまで待って高値掴みをしてしまう可能性を軽減したり、損切り価格までの幅を縮める事ができるエントリーが可能となります。

そして決済ですが、まず損切りラインをダウ理論が崩れてしまう直近安値に設定し、その1.5倍の幅に利確幅を設定します。

第3波は伸びやすい傾向にはありますが、欲張り過ぎず、キチンリカクになりすぎない、損切り幅の1.5倍程度が望ましいです。リスクリワードも十分に良い数値になりますので、中長期的に、安定した成績、期待値がのぞめると思います。

 

切り上げダブルボトムの場合も同様です。

 

7.まとめ

いかがでしたでしょうか!以上がエリオット波動を利用した有効な手法となります。エリオット波動は完全に相場に当てはめて分析しようとすると、どうしても無理が出てきてしまいやすいです。しかし、実際にトレードで狙う第3波を捉えることだけを考えれば、非常にシンプルです。第1波、第2波を見つけるというのも、実は決まった方法などなく、そもそも第3波が完成した時点で初めて、第1波と第2波が、見えてきます。切り上げダブルボトム、切り下げダブルトップを見つけたらチャンス!というイメージで相場を観察してみましょう。

これ以上のEAはどこにもありません!
【異国の戦士】も使用している超おすすめEA!
異国のシリーズEAの集大成のXシリーズ!

商品ページはこちら

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。