最強の無料EA「異国のレッドブル」が無料で貰えるプレゼントキャンペーン中!詳しくは こちら

自作MT4インジケーター「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」!スクイーズやエクスパンションも共に確認出来る!

macd-vector-band-ikokunosenshi

注意

こちらの記事はバージョンアップ前の古い記事になります。「MACDベクトルボリンジャーバンド」は「異国のMACD」としてバージョンアップしていますので、以下の記事をご覧ください。

【異国のMACD】最強のMACD!ダイバージェンスを自動検知しマルチタイムフレームにも対応!MT4自作インジケーター

 

今回、管理人の「異国の戦士」が自作したインジケーターは、MACDの方向感、買われ過ぎ、売られ過ぎ等、バンドスクイーズやバンドエクスパンションが分かる様にMACDを改造したインジケーターになります。

MACDの可能性を最大限に伸ばすツールで、MACDを既に愛用している方、これから使ってみたい方もMT4標準のMACDとは比べものにならないくらい使い勝手が良く、効率良く必要な情報が全て詰まっています。

その名も「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」

前回出品した商品「CCIベクトルボリンジャーバンド」のMACD版が登場です。

macd-fx

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」の何が凄いのか?MACDとの違いとは?

一生お使いいただけるMACDインジケーター「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」ですが、MT4に標準で付いているMACDと何が違うのか、そしてどんな可能性を秘めているのか解説していきます。

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」に表示されているラインは以下の様になっております。

MACDベクトルボリンジャーバンド

memo
後に詳しく説明致しますが、上記の画像では説明しやすい様に、すべてのラインに表示されているドットを非表示にしております。パラメーターの設定でMACDやボリンジャーバンドのドットの表示/非表示が設定できます。

ヒストグラムではなくラインで表示

まず始めに着手したMACDの改善点は、MACDのヒストグラムです。

MT4の標準のMACDでは、MACDがヒストグラムなのでシグナルのラインのクロスが非常にわかりにくいです。

macd-mt4標準

これをライン表示にして、MACDとシグナルラインのクロスの関係を見やすくしました。

macd-ライン-クロス

MACDのヒストグラムは0を基準にして、0よりも下にあるのか上にあるのかを重視して表示されています。MACDが0より上にあると買い手の勢いが強い、0より下にあると売り手の勢いが強いというセオリーが基本ですが、果たしてこの0基準が良いのかは懐疑的です。

日々変わっていく相場の中で、どんな相場でも0が基準になるのは疑問で、ボリンジャーバンドの中心線のように相場によって基準となる値は、動的に変わる必要があると思っています。

私はこの基準となる値をMACDボリンジャーバンドの中心線(平均移動線)にすべきだと思っており、「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」にMACDのボリンジャーバンドを組み込んだ理由の一つでもあります。

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」では、MACDボリンジャーバンドの中心線を本来の0基準ラインにしてお使いになられることをお勧めいたします。

もし、0基準ラインの手法を既に愛用していおり0基準ラインが見たいという方も、レベルの表示で0ラインを追加していただければ0ラインが表示してください。

ikokunosenshi-macd

MACDのボリンジャーバンドを組み込み、様々な情報を得る

先ほど少しMACDボリンジャーバンドについて少し触れましたが、「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」ではMACDのボリンジャーバンドを組み込んでいます。

通常のMACDでは、値の上限や下限が存在しないためにMACDが示す買われ過ぎや売られ過ぎの判断をすることは難しいです。

MACDを使った手法や検証を際にMACDの過剰な値を知りたいと思ったことはありませんか?

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」では、MACDにボリンジャーバンドの上限ラインや下限ラインを使って買われ過ぎ、売られ過ぎの判断をするという方法を採用しています。

買われ過ぎや売られ過ぎは、一方的な価格の過剰な推移となり、その戻りを逆張りとして見られることが多いですが、勢いが強いと判断しその方向へ順張りをすることもあります。

どちらにせよ、ボリンジャーバンドの上限ライン抜けや下限ライン抜けは非常に重要な指標となりうるので、ボリンジャーバンドの上限ラインや下限ラインを抜けた時には、ドットが黄色くなります。

macd-ikokunosenshi-ボリンジャーバンド

また、ボリンジャーバンドをMACDに組み込むことにより、相場の加熱間も読み解くことが出来ます。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ボリンジャーバンドには上限ライン、下限ラインを見る以外にもボリンジャーバンドの幅を使った、とても有効な使い方があります。

ボリンジャーバンドのスクイーズやエクスパンションと呼ばれており、ボリンジャーバンドの幅の収縮や拡張に注目するやり方です。

ボリンジャーバンドの幅が縮小している現象をスクイーズと呼びます。

この状態では、相場参加者がどちらの方向に進むか迷っている状態で、値幅が小さく取引には向いていません。同時にスクイーズしている状態ではトレンドを生む力を溜めている場面でもあり、買い手と売り手の勝負が決まるとその方向へと一気に価格が動く傾向にあります。

以下の様にスクイーズの状態から勝負が決まり、その方向へと一気に価格が動くとボリンジャーバンドの幅は拡張していきます。

これがエクスパンションと呼ばれる現象です。

スクイーズ-エクスパンション-ボリンジャーバンド

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」ではMACDにボリンジャーバンドを組み込むことでスクイーズやエクスパンションも確認が出来る様になっており、MACDの可能性を広げます。

全てのラインに上昇したか下降したかが分かる様になっている

ドットの解説

・ボリンジャーバンド…(ボリンジャーバンドの上限ライン、下限ライン、中心線ライン)

ボリンジャーバンドでは、青色のドットはラインが上昇していることを表し、赤色のドットはラインが下降していることを表します。

青色や赤色のドットで視覚的にラインの方向性が確認できるので、エクスパンションやスクイーズの発見に役に立ちます。

・MACDとシグナルライン

MACDとシグナルラインは、ボリンジャーバンドと見間違えが発生しない様に、上昇時には水色のドット、下降時にはピンク色のドットで表現しています。

また、ボリンジャーバンドの上限ラインや下限ラインを超えた時には、ドットが黄色になり買われ過ぎ、売られ過ぎの状態が直ぐに確認できます。

【EA】異国のVictoryが好調です!
異国のVictory  | GogoJungle

Ikokuno-victory

異国のVictory

異国の戦士-インジケーター-mt4

MACDダイバージェンス

MACDはダイバージェンスの発見にも役に立つインジケーターであり、「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」はダイバージェンス確認後のエントリーポイントを決める際にも力を発揮します。

ダイバージェンスについては以下の記事で学習ができます。

ダイバージェンスとは?

macd-ダーバージェンス-手法

オレンジのラインがダイバージェンス発生の場面になります。

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」では様々な手法が考えられますが、ダイバージェンスが発生した後にMACDトシグナルのクロスとボリンジャーバンドの中心線を参考にエントリーするのも手法の一つです。

例としてダイバージェンスを使った手法を紹介いたします。

基本的には以下の様な順番で確認をしていきます。

  1. ダイバージェンス発生の確認
  2. MACDとシグナルラインのクロスの確認
  3. 中心線より上か下にあるかの確認

買いの場合

  1. 買いのレギュラーダイバージェンスを確認する
  2. 買いのレギュラーダイバージェンス確認後、MACDがシグナルラインをゴールデンクロスするのを確認する(MACDがシグナルラインを抜ける)
  3. MACDとシグナルライン共に中心線より上にある。(2の時点で既に中心線の上にある場合はエントリー)

売りの場合

  1. 売りのレギュラーダイバージェンスを確認する
  2. 売りのレギュラーダイバージェンス確認後、MACDがシグナルラインをデットクロスするのを確認する(シグナルラインがMACDを抜ける)
  3. MACDとシグナルライン共に中心線より下にある。(2の時点で既に中心線の下にある場合はエントリー)
ikokuno-senshi-手法-キャンペーン

パラメーターの解説

パラメーター設定では、必要に応じてドットの表示/非表示やMACDに当てるボリンジャーバンドの設定も出来ます。

パラメーターの設定は以下の様になっています。

パラメーター設定

  • 短期EMA…MACDの短期EMAの期間の設定
  • 長期EMA…MACDの長期EMAの期間の設定
  • シグナル…MACDのシグナルの期間の設定
  • BB期間…ボリンジャーバンドの期間の設定
  • BB偏差…ボリンジャーバンドの期間の設定
  • BBドット表示…falseにするとボリンジャーバンドのドットを非表示に出来ます。
  • MACDドット表示…falseにするとMACDのドットを非表示に出来ます。
  • アラート通知…trueにするとMACDがボリンジャーバンドの下限上限を超えた時にアラート通知が設定できます。
  • メール通知 =trueにするとMACDがボリンジャーバンドの下限上限を超えた時にメール通知が設定できます。

【EA】異国のVictoryが好調です!
異国のVictory  | GogoJungle

Ikokuno-victory

異国のVictory

異国の戦士-インジケーター-mt4

応用や使い方は無数に存在する

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」は、これ一つで一生お使いいただけるインジケーターです。

ボリンジャーバンドとMACDと方向感を示すドットを組み合わせると、普通のMACDでは使用できなかった使い方や手法が開発できると思います。

他の手法やトレードスタイルに合わせて使うことで、様々な応用ができ無数の使い方をみつけ出すことが出来ます。

「MACD ベクトル ボリンジャーバンド」を利用して、FXを研究をしてみてください。

ikokuno-senshi-手法-キャンペーン

ダウンロード方法

現在GogoJungleにて販売中ですので、チェックしてみて下さい!!

 

macd-vector-band

MACD ベクトル ボリンジャーバンド