]【異国のドラゴンサインキャンペーン】今なら異国の戦士の自作インジケーターを無料プレゼント

FXインジケーター【異国の電脳システム】を使ったトレードのコツ!

異国の電脳システム

今回の記事ではFXインジケーター【異国の電脳システム】を使ったトレードのコツについて解説をして行きます。

※まだ、インジケーター【異国の電脳システム】について知らない方は初めにこちらからインジケーターのサインやトレード方法などを一度ご覧ください。

【異国の電脳システム】はトレンドフォロー型のインジケーターなので、トレンドがしっかりと発生している時にサインの勝率が上がり、トレードが非常にやりやすくなるので、「トレンドが発生しているか」を意識することは勝率の高いトレードをするための「コツ」となります。

今回は「コツ」となる「トレンド」について焦点を当て考察していきます。

トレンドが発生していない相場ではトレードを控える

【異国の電脳システム】では60本程の特殊な移動平均線を用いてトレンドを判断しているのですが、移動平均線の性質上どうしても相場の状況によっては方向感のない時もトレンドが出ていると判断され、優位性の低いサインが出てしまうことがあります。

【異国の電脳システム】はトレンドフォロー型(トレンドが発生している時)のインジケーターなので、トレンドが発生している時のサインは非常に優位性がありますが、トレンドではなく相場に方向感がない時のサインはおすすめできません!

トレンド発生中ではない時は、サインが出てもトレードを控えることも重要です。

例えば以下の相場を見てみて下さい。

トレンドが出ていない相場(レンジ相場)の時に出てくるサインでトレードをするのは難しく、良いサインが出てくる確率が低くなります。

異国の電脳システム

それに比べて、トレンドがしっかりと出ている時の相場はどうでしょうか?

以下の画像は上昇トレンドがしっかりと出ている相場ですが、サインを見てみると勝率が高く非常にトレードしやすいと言うことが一目瞭然だと思います。

異国の電脳システム

トレンドが発生しているか見分ける方法

では、どの様にしてトレンドが発生しているかどうかを見分けるのかその方法を紹介していきます!

サイン③のラインを価格が行ったり来たりしている場面は控える!

サイン③のラインを基準に価格が下がったり上がったりしている場面でサインが出た場合には、トレードを控えたほうが良いです。

異国の電脳システム

この様な状態の場面では、トレンド相場ではなくレンジ相場となっており、もしサインが出ても上手くトレードするのが難しいです。

サイン③のラインを使ってトレンド相場を判断!

そこで【異国の電脳システム】で表示される「サイン③のライン」に注目するとトレンド相場を判断するのに非常に役に立ちます!

上昇トレンドが発生している時はサイン③のラインがしっかりと右上に傾いおり、価格もライン③の上で上昇をしています。

異国の電脳システム

また下落トレンドが発生している時はサイン③のラインがしっかりと右下に向きが傾いおり、価格もライン③の下にある状態で下落が続いてきます。

異国の電脳システム

この様な時に出現するサインは、非常にトレードがしやすく勝率も高くなりトレンドフォローが上手く出来るので、是非ライン③を意識してトレンド相場を判断してみて下さい!

異国のベスト平均足

ご購入はこちら

ご購入をご希望な方は以下のアイコンまたは、「ご購入はこちら」ボタンを押して下さい!

異国の電脳システム

ご購入はこちら